東大の名誉教授が旭日旗だけでなく日の丸まで否定する?!ホンマに日本人なんか?この人。

未分類

 国連総会は年に1回あるんですね。そこでトランプさんが昨日、演説しはった、と。今回は割と格調もあって、ちゃんと原稿を読んでた、とか、わりと真面目な(笑)印象やったみたいですね。というか、欧米も日本もマスゴミは、トランプさんが無知で粗野で教養がない、みたいな印象をつけるのに必死やから、ちょっと真面目に演説されると、言いようがないんでしょうね。改めて中身のない、分析のでけへん世界のマスゴミのゴミさ加減がようわかりますね。

 新聞社が報道してもせんでも、ネットではすぐに情報が出てきますね。ええ時代や(笑)。私が毎日読んでる「ぱよぱよ日記」さんの今日の記事の冒頭で触れてはったんで、引用させてもらいます。何と言うても大きなポイントは2つ。

 <トランプ氏は冒頭、「未来はグローバリストの手にはない。愛国者の手にある」と述べ、「自由を望むなら、自国に誇りを持て。民主主義を望むなら、国家主権を維持せよ。平和を望むなら、自国を愛するべきだ」と主張した。>

 <さらに民主化デモが長期化する香港情勢を巡り、中国を名指しして「香港の自由、法制度や民主的な生活を守る(中略)法的拘束力のある協定を順守する」よう求めた。>

 「グローバリスト」と「中国」が敵やということを、名指しで言うた、ということでしょうか。アメリカは間違いなく「中国」を潰しにかかってる、ということを、まったくわかってないか、よう言わへんだけでしょうね。ホンマに役立たずのマスゴミですね。そして、そんなときに、まあ並べて話題にするのもアホらしいんですが、東京大学名誉教授の和田春樹さんがとんでもないことを言うてはるのが、ネットに出てました。

 ここに引用するだけでも気色悪いんですが(笑)、ハンギョレ新聞という、気持ち悪い半島の新聞の記事です<和田春樹「安倍の反時代的政策は外交孤立・経済不安感が作用したもの>。和田さんが、2009〜2010年に日本で岩波書店から出した本、『日露戦争−起源と開戦』の朝鮮語(韓国語?)の翻訳版が韓国で出版されたので、24日に出版記者懇談会がソウルで開催されたときのニュースです。

 今回の日本の輸出管理厳格化に対する批判はお約束としても、現在の文在寅大統領をヨイシュして、安倍ちゃんのことを貶し、あろうことか、旭日旗のみならず、日章旗まで非難したんやそうです。

 <「旭日旗は帝国主義の伝統で使われたものとして、戦後に断絶されなければならなかったのに、それができなかった。さらに大きな問題は、帝国主義戦争で用いられた日章旗を維持していることである。これは日本国民が先に問題を提起しなければならないのに、それができず痛恨の極みだ」>

 いやあ、竹島が軍事占領されてる今を、もし有事とみなすんやったら、これは外患誘致罪そのものやな。こんなジジイが(81歳)なんで日本の国立大学の名誉教授なんや?。ということは、今も国から給料が出てるわけかいな?念のためにググったら、中央日報でも記事が出ていました<和田春樹「輸出規制政策の裏には日本の絶望感が…」>。

 <彼は、「だがそれよりさらに問題なのは日本が使う日章旗だ。日本国民は天皇制度を維持し日章旗を使っている。天皇も、日本国民も歴史的反省に基づいて努力しなければならない」と主張した。>

 なんか、同じ日の同じ場所の記事やのに、ハンギョレ新聞と書いてることが違うで。和田さんの日本語での話を翻訳したにしても、どう見ても正確に翻訳してるようには見えへんな。ホンマにええかげんな記事やんか。全てが「ケンチャナヨー」な国やなあ。やっぱり関わったらあかん、あかん。

※コメントを見るには、スマホは下のコメントボタンを、PCは上のタイトルをクリック!

人気ブログランキングツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント