二階・今井両氏の媚中指摘は、もはやアメリカの最後通告やんか。無視できるんか?安倍ちゃん。

未分類

 私が「覚醒」する前は、「国連」というのは世界平和に貢献している、光り輝く(笑)組織、みたいな感じでした。あー恥ずかし。そういえば一時、小沢一郎くんの絶頂期、国連中心主義とかいうのがありましたね。何か新しい考えのようで、私の周りでも「小沢さんはスゴい」と言うてた人がいました。

 時代は変わりましたね。武漢ウイルスが出たことで、WHOが、テドロス君がいかにインチキなんかを、全世界の人たちが知ることになり、そのバックにある国連自体のうさん臭さも一気に拡散したように思います。そこでこの藤井厳喜さんの『国連の正体』(ダイレクト出版)の紹介です。

 誰がいつやったんかはわかりませんが、いずれにしても戦後間もない頃、日本の外務省は、もともとは「連合国」と言われていた「United Nations」を「国際連合」と訳するようになっていたわけですね。つまりは国連とは第二次世界大戦の「連合国」、勝った側、というわけですね。

 せやからいまだに国連憲章には「敵国条項」というのがあり、日本は国連の中では「敵国」のままなんですね。以前にこれを知ったときは、私は怒りに震えたもんですが、今ではもう、今さら、という気にもなりますね。

 藤井厳喜さんはこの本の中で徹底的に国連を非難してはります。「国連が防ぐことのできた戦争、侵略は一つもない」と言われると驚きますが、それは事実ですね。私ら日本人は、そんな国連のイメージをしっかり修正せなあきませんね。

 少なくともCHINAやロシアが自分らの都合で拒否権を行使しまくる国連安保理の常任理事国の制度なんか、何の役にも立ちませんね。よう考えたら存在自体が怪しいものになっているわけで、トランプさんが脱退するぞ、と言うてはるのも逆に大いに意味がありますね。

 国連が意味があるとすれば、ちょっと怪しげな発展途上国にとって、でしょう。CHINAに取り込まれることによって、個人的に「ええ目」ができるということです。藤井厳喜さんに言わすれば、「国連事務職員とは、おしゃべりをするだけで、高給を取って世界の一流の街で遊び暮らしている人たち」なんやそうです。

 単なる誹謗ではなくて、ホンマに、たとえばユネスコではムボウさんという人が、やりたい放題をしてユネスコを私物化してた話なども紹介してくれてはります。そして行きつくところはCHINAですね。今やその正体がバレバレとなったCHINAの「一帯一路」にしても、この国連をCHINAが乗っ取ることで推進してきた面もある、と。

 そもそも国連の専門機関のトップである事務局長の選挙においては買収が公然と行われている、ということなんやそうです。そんなところに世界で2番目にお金を出している日本は、やっぱりお人好し過ぎますね。

 国連の正体を暴く藤井厳喜さんは、有料情報の「ワールドフォーキャスト」の7/31配信特別号で、「アメリカからの最後通告」という動画を出してはりました。先日、アメリカの戦略国際問題研究所(CSIS)が、国務省のグローバル関与センターの支援を得て2年を費やして、日米中三カ国などの専門家約40人との面接調査などをもとに報告書を出した、という話です。

 何とその中に、日本の二階幹事長やら今井尚哉首相補佐官が、安倍政権の政策をCHINAに融和的にもって行こうとしている、と名指しで批判した、というわけです。このことはさらっと報道はされたようですが、例によって日本のマスゴミは後追いをしていませんね。

 藤井さんによると、アメリカの公的な報告書で、現役の政治家の名前を挙げて批判するのは稀なことのようです。つまりアメリカは、水面下でサインを送っているのに届いていないことに業を煮やして「Open Diplomacy」、公開情報を使って最終段階の警告をしてきた、と受け止めるべきや、ということなんやそうです。

 藤井さんは、たとえ二階氏や今井氏が勝手なことをしていたとしても、その任命責任は安倍ちゃんにあるわけやから、さっさと切れ、という意見です。そしたらこのCSIS報告について、遠藤誉さんがニューズウィーク日本版に(7/30)投稿してはりました(アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など)。

 報告書の中では二階氏や今井氏の話の他に、何と、森まさこ法務大臣がアリババのジャック・マーが3月2日に、二階氏に100万枚のマスクを送ったときに「ありがとう、ジャック」とツイートしたことを、「日本の右翼の小説家」の百田尚樹が批判した、という話まで書いてあるんやそうです。

 おいおい、かなり細かいやんか。そこまで掴んでるんか?ちょっとドッキリやな。そして実は安倍ちゃんに対しても厳しいんやそうです。遠藤さんは書いてはります。

安倍首相そのものに対する批判は全般的に非常に辛らつだ。特に習近平国賓招聘を重んじたためにコロナの初期対応を誤ったのではないかという点を指摘していることが注目される。
それは3月9日のコラム<コロナ禍は人災>に書いた筆者の視点とあまりに一致しているので、これもまた驚いている。

 いやあ、これ、ヤバいんとちゃいますか?安倍ちゃん。話は戻りますが、藤井厳喜さんのワールドフォーキャストでは、ポンペオさんが7/24にニクソン記念図書館で演説したことを取り上げてはります(「中国を変えねば中国が私たちを変える」 米国務長官、連携訴え)。藤井さんによると、ポンペオさんの演説は言うたら「締め」みたいなもんで、それ以前に実は3人ものアメリカ政府高官が、連続して演説をしてはったんですね。

まずは6/25のオブライエンさん(オブライエン補佐官が対中政策演説 国防総省、人民解放軍の関連企業リストを議会に報告)。そして7/7のクリストファー・レイさん(FBI長官、「中国スパイ活動は10時間毎に確認」)。3人目がバー司法長官の7/16(ディズニーやアップルは中国の手先にされている-米司法長官)。いやあ、補佐官、FBI長官、司法長官、最後に国務長官(ポンペオさん)ですからね。

 日本政府は、アメリカが今、全力を挙げてCHINAを封じ込めようとしてることをホンマにわかってるんかな?いや、ここまで言われて二階くん、今井くんがこの先、そのままおることは、めっちゃ危険なんとちゃいますか?空気を読めんと負け組に入ってしもた第二次世界大戦の時とおんなじ間違いは絶対やったらあかんで。

 安倍ちゃん、躊躇してる場合やあらへんで。今すぐ旗幟を鮮明にせな、また負け組やで、しっかり考えてや、と言うときましょう。

【文中リンク先URL】
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/07/post-94075.php
https://www.sankei.com/world/news/200724/wor2007240012-n1.html
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59270.html
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59270.html
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-17/QDL1K9T0AFB901

※一時、書きかけの原稿を誤ってアップしていました。こちらが決定版です。

 ↑ 二階、今井氏がそのままやったらヤバい!と思う人はクリック!ww

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント