スパイと日本人協力者(マスコミ、官僚、政治家)が機密情報を盗んで妨害してる?そら逮捕やな。

未分類

 昨日(8/17)の安倍ちゃんの慶応病院行きにはびっくりしましたね。ただ、前日の夜から「入院か?」みたいな話はネットでは出ていて、いろんな人があれこれ推測してはりました。検査のための日帰り入院?やとわかってからは、今度はいろんな人がコメントしてて、やっぱり反日野党の連中は、人間的にも異様な奴らやというのがようわかりますね。

 安倍ちゃんは今日(8/18)も休んで、明日からはまた普通の執務に戻りはるようです。ホンマに気いつけて貰うて、無理せんようにしてほしいですが、とりあえず一安心、ですね。一国のトップの健康状態は、それ自体がトップシークレットですから今回も、何でもかんでも公開するわけではない、ということでええと思いますね。

 そして今日の青山さんのブログでも触れてくれてはりました。

▼安倍総理の日帰り検診は、「世論戦」、「心理戦」という工作に今、利用されていると、わたしは考えています。
 その作戦に事実上乗っかる、日本の親中派に対峙して、わたしたちは護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 ) を軸に淡々と粘り強く戦っていきます。

 そうか、世論戦、心理戦やと認識せなあかん、と。そして、そんなしょーむない作戦を吹っ飛ばすようなビックリ情報を公開してくれはりました。

▼一方でその安倍総理は、尖閣諸島の領土、領海の防衛のためにも新たにインドとの事実上の軍事連携、日印米豪による4か国対中同盟を決断しました。
 上記の世論工作では、もう考える力も喪ったことになっている安倍総理にしては、歴史的な決断です。
 このような重大な決断は、内閣総理大臣にしかできません。
▼具体的には、9月の早い時期にインドのモディ首相と日印首脳会談を行います。
 日本政府は、これを公表していません。

 今、日本の同盟国というのはアメリカだけですが、CHINAに対しては「日印米豪による4か国対中同盟」ということになるわけですね。そして、

▼9月の日印首脳会談の肝 ( キモ ) になるのは、ACSA ( アクサ ) の締結を基本合意することです。

 私はACSAのことはよう知りませんでした。「物品役務相互提供協定」の略で、まさに平成27(2015)年に反日野党が戦争法やと大反対していた「平和安保法制」が通った後、まずはアメリカと、そして英国、オーストラリアとも締結したんやそうです。カナダ、フランスは署名済み、そして今回はインドと締結の合意にまで持って行こう、ということやそうです。

 まあアホなCHINAの動きのおかげで加速された面はあるとは思いますが、安倍ちゃん、着々とやってはるやんか。この他にも、ファイブアイズ加盟の話やら、日英同盟の話もあるみたいやし、いやいや安倍ちゃん、やっぱり休んでる暇はあらへんな(笑)。

 ようやく「戦後」の枠組みが今、ガラガラと音を立てて組み変わってるということなんでしょう。間違うたらあかんで、日本、やな。二度と負け組についたらあかんのや。二階くん、聞いてるか?やな。まあそれにしても日本のマスゴミはまったく報道しませんね。たぶん意味がわかってへんねんやろなあ、ということでしょうか。自分の頭で物を考えることのない、無価値なマスゴミです。

 そしたら今日の宮崎正弘さんのメルマガでは、民主党べったりのCNNの世論調査でさえも「トランプ氏とバイデン氏が接戦に」として、トランプさんが明瞭に巻き返しを見せて、バイデンとの差が14%から4%に劇的に縮小したと報じたことを取り上げてはりました。いよいよもうあと二か月半、どないなるんやろ。

 そしてさらに昨日(8/17)の『夕刊フジ』(ZAKZAK)では、加賀孝英さんが過激な(笑)記事を書いてはりました(米、中国軍事拠点を“奇襲爆撃”か!? ポンペオ国務長官「自由主義国家は団結せよ」 日本では“親中スパイ”が暗躍)。

  何と最新情報によると、CHINAは尖閣諸島強奪のXデーを9月から11月と設定している/トランプ大統領は11月の大統領選前に南シナ海の奇襲爆撃を最終決断する/中国は水面下で日米当局に、尖閣、南シナ海には出て行かないと泣きついてきた一方で、台湾統一は認めろと駆け引きを始めた/とか。

 トランプ大統領は、先日の香港で施行された「国家安全維持法」は習主席の全世界への宣戦布告やと受け止めてるんやそうです。さらにポンペオ国務長官は、7/23のニクソン大統領記念館前の演説では「中国共産党の野望は世界制覇だ」「中国共産党から私たちの自由を守ることは時代の使命だ」「自由主義国家らは団結せよ。中国共産党に打ち勝たなければならない」とまで語りはった、と。やっぱりもう戦争中やんか。

 いやあ、強烈ですね。日本もしっかり付いて行かなあかんやんか。せやけど極め付けはこちらです。

旧知の米情報当局関係者は、怒りにこう声を震わせた。
 「日本にいる中国人スパイと、日本人協力者(=マスコミ関係者、官僚、政治家など)が機密情報を盗んで、すべてを妨害している。『安倍首相潰し』の謀略も行っている。米国は中国スパイ狩りを断行した。裏切り者だ。許すな。日本も放置すべきではない」

 ほほう、「日本人協力者(=マスコミ関係者、官僚、政治家など)」て、アメリカの側ではもうわかってるということやんか。日本国内のスパイや協力者君たち、アメリカさんを怒らしたらコワいで。震えて待ってなさい、ということか?

 テレビ、新聞に惑わされへんようになってきた私ら日本人は、しっかり見ていくことにしましょう。

【文中リンク先URL】
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=2059
https://www.cnn.co.jp/usa/35158227.html
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200817/pol2008170004-n1.html

 ↑ まだCHINAに協力してる日本人?逮捕や!と思う人はクリック!ww

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント