もし私が大阪市の職員やったら悲しい話や。自分のお墓をせっせと作るようなもんとちゃうか?

未分類

 私は昨日(10/16)「知ってしまえば「反対」になるインチキ都構想。財源なんかあらへん。引き算ができればわかります。」。と書きました。今日はもっと情緒的に(笑)攻めてみることにします。いや、何も難しい話やあらへん。普通の情感を持ってる日本人やったらわかる話やと思いますね。

 前に書いた「大阪市は公務員天国?!入れ墨の人も多い?!橋下くんはよう頑張ってきた?!都構想の裏の目的?!」で、弁護士の徳永信一さんの「note」の記事を紹介させて貰いましたが、その後その記事を削除してはるので、都合が悪かったんかも知れません。すみません。

 せやけどその中には、たとえば京大を卒業して大阪の公務員になる人は、圧倒的に大阪府ではなくて大阪市を選ぶ、という話がありました。待遇がええからやそうです。せやけどそれは裏を返すと、優秀な人が集まる、ということでもあるわけですね。

 さてそれが、4年後に大阪市が無くなることになるんやったら、これまでみたいに「地元の公務員」になろうと思う人が果たして「淀川区職員に応募」しようと思うやろか?という話です。「大阪市職員に応募」とはえらい違いやなあ、と思うのは人情でしょう。「優秀な人」が「大阪市」と「淀川区」のどっちが魅力的と思うか?という話ですね。

 あ、淀川区の人、気い悪うせんとってくださいね、例に出しただけですから。私は今の淀川区にある学校を卒業してますし(笑)。

 そんな誇り高い大阪市の職員が、せっせと「大阪市廃止」のための住民投票の準備をさせられてるという現実は、よう考えたらめっちゃキツい仕事やと思いませんか?投票の結果、もし通ってしもたら、自分は4年後には「大阪市職員」ではなくなるわけですからね。

 そこでふと気になったんですが、今回の投票の正式名称の「大阪市を廃止し特別区を設置することについての住民投票」は、前回は「大阪市における特別区の設置についての投票」となってたんですね。投票用紙にも前回には無かった「大阪市を廃止」の文言が入ったのは、大阪市職員のせめてもの抵抗なんとちゃうか。はい、私の思い込みでしょうけどね。

 そう考えると大阪市の職員はかわいそうですね。あ、そう言えば松井くんが思い付きで言うた「雨がっぱ」、結局そのほとんどを「処理」したそうですが、ホンマに涙が出そうですね。もし私が大阪市職員やったら、ビーチ前川くんの座右の銘の「面従腹背」よろしく、「こんな意味のない仕事をさせやがって」と恨みに思うたことでしょう。

 大阪市を廃止するための住民投票の仕事、というのは大阪市職員にとっては、まるで自分のお墓を作ってるみたいなもんやんか。ホンマに切ない話ですね。

 そしたら私が入れて貰うてるまた別のメーリングリストの情報で、今日(10/15)の大阪維新の演説の様子を写したYouTubeが公開されていました(2020年10月15日(木) @生野区 都構想まちかど説明会)。維新を支持する人から見ると、これは「もっともわかりやすい動画」なんやそうです。

 演説ではありますが「都構想まちかど説明会」と称してはるんですね。せっかくなんで見ましたよ。約1時間。出て来てはるのは、維新の大阪市議、守島正さんと大阪府議の今井豊さん。守島さん、若くて爽やかな感じですね(笑)。維新にはこういう人が多いんやなあ(笑)。せやけど言うてはることはアウト、ですね。

 守島議員のすぐ脇に「デマに要注意」と書かれたボードを置いて、話し始めはります。 「皆さん、反対派のデマには惑わされないようにしましょう。住民サービスが下がることはありません、財政効果でむしろ上がります。公的料金が上がる、施設がなくなる、こうしたことは一切ありません。財政効果で1000億出て来るんです。」

 どっちがデマやねん、と突っ込みたくなりますね。演説やと言い切らなあかんのでしょうか。言い切ったことでウソになっていますね。「財政効果1000億円」の話も実はインチキなんですが、この動画の最初に出て来る司会の人と、今井豊さんはもっとひどいです。

 「今度、菅政権の内閣官房参与になりはった嘉悦大学の高橋洋一さんが所属する、嘉悦大学が試算をしたら、10年で1兆1400億円の財政効果のあることが報告されたんです。」

 これは、二重の意味でインチキですね。高橋洋一さんは嘉悦大学に所属してはりますが、「この計算には僕は関わっていません」と公言してはります。かなりヤバいことがわかっているので、高橋洋一さんはずっと以前から、この内容については逃げてはりますね。

 そして、議会においてもこの試算はもう否定されていて、数年前からは「財政効果」については引っ込めた状態になっているわけです。それでも何とかひねり出したのが「U字カーブ」という理屈で、「自治体の人口規模が大きくなりすぎると非効率になる」として、最適な規模にするとそれなりの「効果」が出る、という「仮説」です。

 そして今井豊さんは「二重行政」の例として、府と市がWTCビルとゲートタワービルの高さ競争をして、無駄なハコモノを作ったという話をしてはります。それ、何年前の話やねんな、と。それは二重行政の話ではなくて、当時日本中がバブルに浮かれて、いっぱい失敗した話の一つでしかないわけですね。二重行政の弊害ではなくて、単に、府も市も投資に失敗した、というだけの話です。

 そしてこの話は、とても論争にもならへん話やのに、あまりようわかってへん、初めて聞く人にはわかりやすい、見えやすい話なので、維新はいつまでも使い続けてはるわけです。姑息としか言いようがないですね。

 私は維新のそういう、「あんまりようわかってへん人」をあおって引き付けるようなやり方が大嫌いです。「誠実さ」というものが一切ありません。わかりやすいけど、それ、違うで、という話を何べんも繰り返し使うって、まるで詐欺やんか。後で気が付いても、もう遅いんやで、ホンマに。

 ということで(笑)、大阪市内に都構想反対の看板を設置します!場所は、、、阪神高速のとある「入口」の真ん前、です。入口を入る時にしっかり見える、はずですww。来週あたり、設置します。原稿はこれです。

都構想反対看板最終

 もう素人が作ったダサい原稿ですが、かえって目立つかな?(笑)。
 ある読者さんのご好意により、場所は提供してもらえたのですが、製作と設置にお金がかかります。
 お蔭さまでだいぶ集まりましたが、まだ足りません。
 カンパにご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。
 こちらに直接メールをいただければ、振込先(銀行)をご返信いたします。
 よろしくお願いいたします。

 ■カンパ用直接メールアドレス
gekioko@logoslabo.co.jp

【文中リンク先URL】
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1194.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1178.html
https://www.youtube.com/watch?v=bUE4ZMtC_7I&feature=youtu.be

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント