百田さん「今回の米大統領選では、大規模な不正があったと思っている」。そうや、それが普通やで。

未分類

 このブログを書き始めた頃は一応、自分もつい最近まではその業界の端くれにおったもんですから、「マスゴミ」とはよう書きませんでした。今は、なんぼでも「ゴミ!」「ゴミ!」と叫びたい気持ちです(笑)。産経新聞だけはちょっとマシとは言え、そんなもん、目くそ鼻くそや!ですね。あーあかん、言葉が汚うなるわ(泣)。

 今日の「ゴミ」は、全てのテレビ、新聞が、バイデン氏が次の米大統領やと決めつけていることですね。アメリカのどの州も、正式な選挙結果を発表していません。バイデン氏は今はただの一般人です。そして一方で、トランプ陣営からは膨大な数の訴訟が実際に起こされていて、毎日のように選挙不正の暴露が、ネットでは行われています。

 そもそもアメリカのマスゴミが発表しているこの数字(下の画像参照)を見て、「あれ?こんなんおかしいで」と思わへん方が、どうかしてると思いますね。中共コロナ禍の元にあっても、トランプラリーには毎回何万人も集まっている一方、バイデン氏の演説にはいつも数十人という実態で、なんでこんなに差があるんや?と。

Em8GrrpVoAI7Gwc.jpg

 アメリカ史上最大の選挙不正、投票の水増しが行われたと考えるのが普通やんか。あまりにもトランプさんに票が入ってしもて、バイデン陣営はもう勝つために必死になって水増し票を増やしたから、とんでもない数字になってしもた、と考えるのが普通とちゃいますか?

 もしこんな大規模な不正が今回、見逃されるんやったら、アメリカの民主主義は死んだも同然、今後アメリカの選挙は、裏の勢力の奴らの思いのままや、というわけですね。そんなもん、許してたまるか!という強い思いで、先日も紹介した我那覇さんのレポートにあった、11/14のMAGAデモに、多くのアメリカ人たちが集まったわけですね。

 一方でトランプさんやその広報官、美貌のマケナニーさんのツイートが拡散されにくくされている、とか。誰が敵かがようわかってきましたね。恐ろしい話です。そしてそんなアメリカの腐ったメディアに追随する、日本のアホマスゴミ、というわけです。いまだにドミニオン社の「ド」の字も出て来ませんね。さらに保守と思われていた人たちの、奇妙な振舞いもありますね。

 保守派に人気のネット番組「虎8(虎ノ門ニュース)」で、大高未貴さんが、ドミニオン社の背景について説明し始めた途端に、上念司くんがそれをさえぎって話をズラして、まだどうなるかわからんからゴタゴタ言うな、みたいな言い方をしていました(Now Japan 2 @NowJapan2)。おいおい、上念君、説明させろや、なんで必死にさえぎってるんや?ですね。

 そしたら何と、この番組の部分を切り取ったツイートを、百田尚樹さんがリツイートしてはりました(百田尚樹 @hyakutanaoki)。さすが、百田さんですね。確認のためにチェックしたら、この記事を書いてる間にも百田さんが、篠原常一郎さんの動画(【特別配信】逆転の弁護団。ドミニオン最新。)をリツイートしてはりました。

 実は今日(11/19)書きたかったことは、百田さんが昨日(11/18)出してはった一連のツイートでした(百田尚樹 @hyakutanaoki)。

私は今回の米大統領選では、大規模な不正があったと思っている。だからそれを何度も発信している。
もし不正があり、それが暴かれなければ、米の民主主義が終わり、世界が大変なことになるからだ。
しかし保守論客の中には「不正情報はデマだ」「冷静になれ」と不正論を揉み消すような人がいる。なぜ?

 あるいはこれ

もしかしたら不正はなかったかもしれない。
しかしここまで大量の疑惑が出ている限り、真相を突き止めてほしいと思うのは当然ではないか。
しかも不正疑惑を唱えているのは有象無象ではない。
元ニューヨーク市長で市民のために命懸けでマフィアを潰したジュリアーニ氏までもが主張しているのだ。

 百田さんのフォロワーは46万人やから、影響は大きいですね。そして絡んでくる人もめっちゃいっぱいおるようで、そんなしょーむないリプライを、百田さんはテキトーに、ばっさばっさ斬ってはります(笑)。まあ今後しばらくするうちに、間違いなく日本人の認識も変わってく来るんとちゃうか、と思います。

 さあどないすんねんや?日本のマスゴミ、ですが、たぶん、しれっと論調を変えてくるんでしょうね。話の順が逆になりましたが、篠原常一郎さんの上の動画も、ものごっつい信憑性がありますね。それでも結構アカウント削除などを警戒してはるようです。民間による言論封殺、これもまたコワいですね。

 記事を書いてる間にも状況がどんどん変わって行くって、ホンマに大変な時期やと思いますね。篠原さんの動画に出てたオモロい話を一つ。

 11/17に「米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入」というニュースがありました。この「防空識別圏」は、かつてChinaが勝手に設定したもので、その時の副大統領はバイデンでした。オバマ大統領と組んで、Chinaには強く言わずに、結果的にその「識別圏」を認めてしもたわけですね。その「防空識別圏」を、何と米空軍が「破って」進入した、という話です。

 せやからこれって、米空軍の、バイデン氏に対する当てつけやんか、という話です。まあ真相は誰にもわかりませんが、そういうところもしっかり見て行かなあかんという話の一例、というわけです。いやあ、今、世界は音を立てて動いてる真っ最中でっせ、ということですね。しっかり目を見開いて、間違わんようにしましょう。

【文中リンク先URL】
https://twitter.com/NowJapan2/status/1328914397415100416
https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1328910102435225602
https://www.youtube.com/watch?v=wlP8H2hdeDQ
https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1329029088405647361
https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1329030390590234625
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/11/2-319.php

 ↑ どう考えても不正があったと考えるのが普通と思う人はクリック!ww

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント