マスゴミが一斉に同じことを言い始めたら要注意や。言わせてるに決まってるやんか。バレてるで。

未分類

 昨日は産経新聞のワシントン支局長を批判しました。私は読売新聞は読んでへんので、よう知りませんが、読売も推して知るべしといったところでしょうか。よう聞く話としては、戦後の読売新聞はCIAに作られたようなもんやから、アメリカの意向が働いてる、ということやそうです。と言うても今、アメリカは内戦状態やからアメリカの中のどちら側なんか、しっかり見極めなあきませんね。

 そして今回の米大統領選挙で、アメリカのマスゴミもとんでもないことがようわかって来ましたが、それを裏付ける話が取り上げられていました。毎日のようにYouTubeを更新してはる「闇のクマさん世界のネットニュースch」で一昨日(11/22)「【全米のテレビ局に大異変!全局が全く同じ反トランプ原稿を読んでいるぞ!】指示をしたのはなんとC〇A!公聴会から逃げ、米国とカナダで事務所を閉鎖するドミニオン!米大統領選挙不正組織の全貌が見えてきたぞ!」をアップしてはりました。

 これは元ネタがあって、BonaFidrという、「オールドメディアが伝えない海外のニュース」と謳うサイトに書かれていた話です。記事のタイトルは「全米の各テレビ局のニュース司会者たちが、会社の枠を超えて全く同じ台本を読んでいることが明らかに」です。

 アメリカのマスゴミ(テレビ)であるABC、CBS、NBC、FOXがいっせいに「バイアスのかかった誤ったニュースを共有することが、ソーシャルメディアであまりに横行するようになっています」と言い始めた、と。

 まあこんなもん、録画して見比べたら一発でわかりますよね。そしてこのサイトBonaFidrは、この台本は「C」で始まるアルファベット3文字の政府機関が作った、と書いています。そらCIAのことやんか、というわけですね。

 そしてここで言うところの「バイアスのかかったソーシャルメディア」とは、ツイッターやフェイスブックのこととちゃいますよ。最近、トランプさんがツイッターやフェイスブックの妨害に業を煮やして米国民に薦めて?登録者が急増しているという「検閲のないSNS」である「パーラー」や「ギャブ」のことなんやそうです。

 そして実際、この報道のすぐ後?にこのサイトBonaFidrのツイッターアカウントが閉鎖されました。BonaFidrサイトでは、いずれフェイスブックのアカウントも閉鎖されるやろうと見て、「パーラー」や「ギャブ」の自社アカウントのフォローを呼びかけていました。

 前にも書きましたが、ネットのSNSでさえ、裏の支配者の影響を受けている、という話ですね。そんな奴らがバイデンの選挙不正の話を「陰謀論」と言い募るのは噴飯ものですね。ね、産経新聞の黒瀬支局長。あ、昨日のネット記事では「陰謀論」にカギかっこは付けてへんかったけど、今日の朝刊には「」を付けてたな。浅ましいな。

 どうも今回の米大統領選挙での、史上最大の選挙不正を助けていたのは、CIAなんとちゃうか、と思い始めています。一昨日も書きましたが、ドミニオン社のサーバーの話は、実は米軍がドイツのCIAの出先?で差し押さえた、みたいな話もあります。

 そして日本のマスゴミも一斉に、同じ論調で必死に「バイデン当選」の既成事実化をはかっていますね。そしてトランプさんを支援する弁護士たちの記者会見さえも報道せんと、逆に他で拡散しようとしたら片っ端から妨害する、と。妨害するのは都合が悪いからやろ?という、至極単純な話ですね。それ、バレてるやん、な話です。

 ドミニオン社はカナダにあった社員約100人が逃亡したり、議会での証言もドタキャンして逃げた、という話も出ては消されています。そんなもん、隠したってバレてるやんか。もう焦りまくっている様子がようわかりますね。せやけど実は、これを面白がってる場合やないかも知れません。

 深田萌絵さんの個人的な情報によると「【噂の真相シリーズ0】米大統領選 解放軍無線通信専門軍人1000人が米国へ!?」、Chinaの人民解放軍の軍人が、アメリカに入る?ということなんやそうです。ガセネタかも知れんけど、もう何が起こってもおかしくないと考えんとあきませんね。

 アメリカは大変やなあ、と思う前に、私ら日本人も今、目の前で起こってることをしっかり見て行きましょう。

 昨日は産経新聞を批判しましたが、その昨日(11/23)には「正論」に、渡辺惣樹さんの「米大統領選に隠れた民主党の裏側」が載っていました。BLMを育てたのは実はオバマ氏で、その設立の動機となった黒人少年射殺事件は、実はマスゴミによって思いっきり真相が歪められているそうです。

 そしてもし、トランプ2期政権が実現したら間違いなくオバマ氏は「オバマゲート」でしょっ引かれるやろう、というわけですね。オバマゲートとは、オバマ氏が大統領をトランプさんに譲る直前に仕掛けた、トランプさん追い落としの謀略ですね。

 そして一昨日(11/22)には古森義久さんの「あめりかノート 米国揺るがす不吉な兆候」が掲載されていました。

 大混乱や大接戦を続けた米国大統領選挙では一つの重大な情報が強烈な波紋を広げながら、すぐに姿を消し、また大きな影を広げる、という奇妙な展開があった。
 この激戦の勝者と目される民主党候補ジョセフ・バイデン前副大統領の次男、ハンター氏にからむ不正疑惑である。同氏が副大統領の父親の影響力を利用して中国やウクライナの問題の企業や人物と手を組み、巨額の報酬を不当に得ていたとされる疑惑が共和党側から提起されたのだ。

 え?今さらこの話か?とも思いますが、たしかにハンター・バイデン疑惑の話は、出ては「消される」展開になっています。何か強烈な力が働いているんでしょうか。渡辺惣樹さんにしても古森義久さんにしても、今のところ、ここまでしか書くことを許されへんのでしょうか。まだマシと言えばマシですが。

 そして日本では昨日あたりから一斉に、桜を見る会の件で、安倍ちゃんの秘書を事情聴取した、というニュースが出ました。こんなもん、東京地検特捜部がネタを撒いたに決まってる、と。その東京地検特捜部というのは、もともとは戦後、GHQが旧日本軍の「隠匿退蔵物資」摘発のために作った組織で、その監督はCIAに引き継がれているんや、と。

 世界を勝手に操る奴らとCIA、コワい話やなあ。ホンマに毎日、目が離せません。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=aeEMUPbuW_A
https://bonafidr.com/
https://bonafidr.com/2020/11/21/%e5%85%a8%e7%b1%b3%e3%81%ae%e5%90%84%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93%e5%b1%80%e3%81%ae%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%8f%b8%e4%bc%9a%e8%80%85%e3%81%9f%e3%81%a1%e3%81%8c%e3%80%81%e4%bc%9a%e7%a4%be/
https://www.youtube.com/watch?v=OfJsU_Chtb0
https://special.sankei.com/f/seiron/article/20201123/0001.html
https://special.sankei.com/a/column/article/20201122/0001.html

 ↑ マスゴミが一斉に同じことを言い出したら要注意と思う人はクリック!ww

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント