下駄を履かせてもらったバイデン『WiLL』。バレてても当選?ダークサイドはあんたらやで。

未分類

 今さら「新聞は社会の公器」なんて言う人はもうおらへんやろうし(笑)、ウソを書いてバレてしもて、訂正はしても謝りもせんと、英語版ではその訂正記事を検索でけへんようにしてるような朝日新聞みたいな新聞はもう、「社会の凶器」やな。あ、話がそれたわ。そんな、もはや社会の公器ですらない新聞やから、どうでもええとは言え、今日(11/26)の産経新聞のコラムには開いた口が塞がりませんでした。

 「宮家邦彦のWorld Watch バイデン新政権と日本の負担増」です。この宮家氏のことはしょっちゅうここで批判してますので今さらですが、この、もしかしたら社会の公器かもしれん(笑)日本の全国紙に、こんな稚拙な文章を書いてもええんやなあ、とビックリです。

トランプ政権の最後の悪足掻(わるあが)きには閉口するが

日本にも盲目的トランプ礼賛者が出現する始末

 あのう、トランプさんはちゃんと法律に基づいて、前代未聞の大規模選挙不正を暴いてはる最中なんですが。悪足掻き、ですか。いやいや、これはトランプさんの正当な権利の行使ですよ。そしてトランプ礼賛者は盲目、というわけですか。ここまで下品でヤバい物言いは、ネットでも非難ごうごうになりますよ。キヤノンさん、こんな人を飼うてて大丈夫ですか?(笑)。

トランプ氏を勝利に導いた「白人民族主義、大衆迎合主義、排外主義、差別主義」、筆者がダークサイドと呼ぶあの醜い政治運動は生き残ったとみる。

 その評価、全部はずれてますね。え?ダークサイドって、あんたらが大好きなディープステートの側のこととちゃうかったんか?もうお笑いやな。もう何の価値もない駄文でした。この後、バイデンが大統領になっても、アメリカはこれからは大変や、と書いてはりますが、そんなことあんたに言われんでも、私でもわかるわいな(笑)。

 さてそんな無意味な記事はほっといて、アメリカのことはこの人に聞け、な渡辺惣樹さんが、『月刊WiLL』1月号に寄稿してはりました。この1月号の特集のタイトルは「トランプ降ろしの狂乱 下駄を履かせてもらったバイデン」。その中の記事です。渡辺惣樹さんの記事タイトルは「一夜にして『魔法のように消えた』トランプ票」です。

 月刊誌は、原稿の入稿時から発売までタイムラグが3週間以上ありますが、今ではめっちゃ有名になった、ウィスコンシン州とミシガン州で、夜中に突然バイデン票だけが異常に増えたグラフも載せてはります。こちらにはネットで拾うた画像を貼っておきます。

EmAZ_R-WkAIh5aj.jpg

 もともと郵便投票は不正投票の温床やということで認めてへん州が多かったのに、民主党は武漢コロナを最大限に利用して、なし崩し的に郵便投票を多く導入し、しかも組織的にこれを不正に利用したわけですね。これは一例で、もう考えられるあらゆる選挙不正をしまくったわけですね。

 そして今、それでもトランプさんの票が圧倒的に多かったもんやから、もうなりふり構わず、場所によっては共和党側の監視員を排除してでも無理やりインチキな開票作業をあちこちでやった、と、、、。そして渡辺惣樹さんは、「トランプは何と戦っているのか」の章でこう書いてはります。

 何としても再選を阻みたい民主党、彼らと利益を共有する官僚、それに追随するメディア、SNS。それに対し、エスタブリッシュメントの堕落に目を覚ました国民ーー今回の大統領選は、こういった大きな流れの中でとらえなければなりません。

 そして、私も前に「自称、次期米大統領にお祝いを言うた、アホでマヌケな日本の総理大臣。あんたのことやで菅さん。」で過激に書きましたが、なんでさっさとバイデンを歓迎するんや?という疑問が一つ、次の渡辺さんの記事で解けました。

 日本もとくに外務省は、バイデン政権の誕生を望んでいるフシがあります。
 外務省がトランプ大統領を嫌う理由の一つが、パリ協定からの離脱です。これは外務省が主導して策定した京都議定書(1997年)の否定になる。

 なるほどー。そういえば最初に書いた宮家くんは、外務省出身ですね。そして官邸も、今井尚哉くんがおった時は外交さえも経産省主導やったけど、今井くんが外れてからは、また外務省が大きな顔をし始めた、という話もありますね。昨日の王毅外相への、茂木くんの弱腰ぶりもそういうことやな。

 話を戻して、今回の大統領選はいずれにしても大混乱になってることは間違いないけれど、かえって良かったかも、と渡辺惣樹さんは言うてはります。今後どうしたって選挙不正はやりにくくなるわけやし、間違いなく民主党は極左と中道派に分裂して行くので、「二大政党制の崩壊も現実味を帯びてくるでしょう」と。そして、

 ところが日本には、こうしたダイナミックな構造変化に気づいていない人が散見されます。彼らはバイデン優勢と言い続けたり、バイデン政権に向けた議論を選挙結果が確定する前に始めてしまっている。本人たちは気づいていないでしょうが、エスタブリッシュメントの代弁者になっているだけです。

 あはは、ねえ、宮家くん?と笑うときましょか。
 そう言えば一昨日(11/24)、「マスゴミが一斉に同じことを言い始めたら要注意や。言わせてるに決まってるやんか。バレてるで。」の中で、渡辺惣樹さんが産経新聞の「正論」に寄稿してはった話を書きました(米大統領選に隠れた民主党の裏側)。また、古森義久さんが産経新聞に「あめりかノート 米国揺るがす不吉な兆候」を寄稿してはることも書きました。

 そのどちらも、今のアメリカの話なのに、なんで「選挙不正」の話が出されへんねんや?と思いましたが、何とこの同じ『月刊WiLL』1月号に、その古森義久さんが同じ特集内で「民主党の不正投票癖」という対談を横江公美さんとしてはりました。うーん、やっぱり新聞では書かれへんねんやあ。

 さらに面白いことに、この『月刊WiLL』1月号の同じ特集の中で、馬渕睦夫さんと岡部伸さんの対談がありました。タイトルは「ネット騒然!『不正投票の組織を準備した』とバイデンが!?」です。この岡部さんは産経新聞の論説委員です。そこで馬渕睦夫さんは岡部さんに怒ってはります。

馬渕 産経新聞ワシントン支局長の黒瀬悦成氏は「トランプ氏 勝利宣言は『暴挙』」と断じました(11月5日付)。それを読んだとき、目を疑いましたよ。産経がここまで書くかと。岡部さんの前で言う話ではありませんが(笑)。バイデン氏の方が先に勝利宣言をした事実について、まったく無視しています。

 あはは、これって、私の「不正選挙という内戦。アメリカの民主主義を壊す米民主党。バイデン候補は逮捕せなあかんで。」の中で書いたんと同じことを言うてはりますね。岡部さんはこの後、言い訳をしてはりました。

 あ、細かい話ですが、米大統領選のこれまでの慣例では、まず先に敗退宣言をしてから勝利宣言があるんやそうです。せやから、バイデンは二重の意味で、先に慣例を破ってることになるわけですね。

 他にこの特集では、「外国が加担したテロ(不正選挙)の疑い」として、いつも私が見てる「ワールド・フォーキャスト」の藤井厳喜さんと、ケント・ギルバートさんの対談もありました。そもそもこの選挙不正は、もはや外国勢力によるテロなんや、というわけですね。

 まだまだ米大統領選、目が離せません。

【文中リンク先URL】
https://special.sankei.com/a/international/article/20201126/0002.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1231.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1244.html
https://special.sankei.com/f/seiron/article/20201123/0001.html
https://special.sankei.com/a/column/article/20201122/0001.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1222.html

 ↑ バイデンは下駄を履かせて貰うても当選できるんかと思う人はクリック!ww

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント