日本のマスゴミさんたち、いつまでとぼけてられるんやろなあww。展開は早いで。トランプ氏勝利。

未分類

 もう毎日、アメリカ大統領選挙の話になってしまいます。せやけどきっと、後の世になったら今回の選挙は、アメリカの、そして世界の民主主義が守られるかどうかの分水嶺やった、という評価になると思いますね。まあ流れはバイデンやねんから、コロナ禍で大変な中、さっさと結果を受け入れて、次のステップに進もう、なんて言うてる人は、やっぱり甘いと思いますね。ね、上念くん(笑)。

 アメリカと日本のマスゴミは「トランプ米大統領、選挙人団がバイデン氏に投票なら政権手放す」のニュースを嬉々として流しています。「よし、トランプがついに負けを認め始めたぞ」みたいなもんです。認識が幼稚すぎて笑えます。少なくともバイデンが、自分より選挙人を多く取ることはない、とトランプさんは見ていると思いますね。

 まあそれより、昨日のハイライトは、ついにシドニー・パウエルさんが訴訟を始めたことですね。あまりに展開が早いので、ついて行くのも大変です(笑)。例によってマスゴミはロクに報道しませんが、パウエルさんは「We the People Convention」という団体を立ち上げて、そのサイトの中に今回の訴状のPDFをアップしはりました。

 ところが何と、ツイッターにもこのリンクを貼ったところ、ツイッターはダウンロードでけへんようにしたそうです。公に出した文書を何で隠すんや?ツイッター!。隠したら拡散するんやで。はい、このページからダウンロードしましょう(笑)。リンクも貼りましょう。

 ■ジョージア州:104ページ:READ the Actual Georgia Filing HERE
 ■ミシガン州:75ページ:READ the Actual Michigan Filing HERE

 世界を揺るがせた11/19の記者会見で、シドニー・パウエルさんは「クラーケンを放つ」と言うてはりましたが、これから次から次へと放たれるようです。ついて行くのが大変!このサイト「Total News World」がとりあえず網羅的ですね。タイトルだけをコピペしても次のようになります。

【速報!】ペンシルバニア州議会公聴会状況/バイデン側が投票機にUSBを接続し50,000票を不正にアップロードしたと元海軍司令が証言!
【速報!】第2報 電子透かしにも言及!「シドニーパウエル弁護士、ついにクラーケンを放つ!」の詳報
【速報!】第3報 中共、イランにも言及。軍事筋からの情報も「シドニーパウエル弁護士、ついにクラーケンを放つ!」の詳報
【速報!】第4報 中国が改竄した証拠!/7万枚の白紙の用紙がバイデンへ/3万枚は有権者以外へ/水道管破裂は隣のビルの水漏れ
【速報!】第5報 ミシガン州でもクラーケン放つ/ミシガン裁判所は独立機関の再集計を勧告!/中国とイランが大統領選挙を操作した軍事情報源を入手!!/修正第14条の衝撃!

 どひゃーー!ですね。これが昨日から今日にかけての話です。こういう戦いになることを、ずっと前から想定していて、完璧に準備して待っていたみたいですね。

 それでもこれを認めたくない人たちは「トランプは、裁判では片っ端から負けている」と言うてますが、それさえも織り込み済みのようです。日本で言うたら控訴、上告に当たるものがアメリカにもあって、州の裁判はどうも日本で言うたら地裁、高裁みたいなもんで、最終的には最高裁に上がる、と。この最高裁を、何と選挙の直前に、共和党側が押さえてるんやそうです。

 昨日(11/26)のコメント欄で、HARUOさんが「中韓を知りすぎた男」さんのブログから転記してくれてはりました。

保守派のブレッド・カバノー判事は第6区担当でミシガン州は彼の担当です。
最近指名された保守派のバレット女性判事は第7区担当でウイスコンシン州は彼女の受け持ちです。
保守派のアリート判事は第3区受け持ちでペンシルベニアを担当します。
保守派のトーマス判事は第11区担当でジョージア州は彼の担当です。

 ふっふっふ。思わず笑みがこぼれてきますがな(笑)。これを全部取ったら楽勝やんか。それでトランプさんは余裕綽綽、というわけやな。実はアメリカの最高裁の判事は全部で9人で、つい最近、保守派が6人、リベラル派が3人となったばかりですね。トランプさんが大統領になってからの、この最高裁判事の任命の話も、今から思えば重要な戦いやったということですね。

 さあ、日本のマスゴミの皆さん、どないするんや?いつまでも知らん顔でけへんで。しかも展開は早いんや。それにしても日本では、二階くんが王毅くんと晩メシを食うたとか?国会では自民党の山田宏さんの質問(山田宏 自民党参議院議員 @yamazogaikuzo)に茂木外務大臣が答弁しましたが、それ、記者会見の時に、即座に王毅くんに反論して言わんかい、とネットでは笑われています。

 世界の流れがぜんぜんわかってへん国家の中枢、ホンマに危なっかしいなあ、と思います。アメリカの場合は、大統領が変わったらスタッフも一斉に変わるわけで、せやからこそ一瞬でもええから、バイデン政権のスタッフになったら次のステップアップに活かせる、というわけですね。そのための熾烈な猟官運動が、もう始まっている、と。

 たぶん茂木くんや昨日批判した宮家くんたちが現場で活躍してた頃は、民主党政権やったり、共和党でもエスタブリッシュメント層と仕事をしてたわけで、やっぱりトランプさんが嫌いになるんですね。あ、茂木くんを操る外務省もね。

 まだまだ日本にも内なる敵がいっぱいおるので、アタマが痛いですが、トランプさんと、それを支持するアメリカの愛国者たち、これは毎日のように我那覇真子さんが現地から知らせてくれてはりますが(我那覇真子チャンネル)、それに負けんように、私ら日本人も頑張らなあかんな。

【文中リンク先URL】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-26/QKFDSVDWLU6M01
https://wethepeopleconvention.org/
https://wethepeopleconvention.org/articles/Powell-Files-in-GA-MI
https://defendingtherepublic.org/wp-content/uploads/2020/11/COMPLAINT-CJ-PEARSON-V.-KEMP-11.25.2020.pdf
https://defendingtherepublic.org/wp-content/uploads/2020/11/Michigan-Complaint.pdf
http://totalnewsjp.com/
http://kkmyo.blog70.fc2.com/
https://twitter.com/yamazogaikuzo/status/1332183192900517888
https://www.youtube.com/channel/UCCYNZu_NQIm2-PzMyHg55OQ

 ↑ 日本のマスゴミはいつまでとぼけてられるんやと思う人はクリック!ww

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント