バイデンは負けることを察知し、助けを求めて来た?ホンマかいや。マスゴミはよう報道せんやろな。※追記

未分類

 世の中、おかしなことだらけや!と怒って始めた(笑)このブログですが、お蔭様でそれなりに読者の方も増えて来て、嬉しい限りです。そしてコメント欄にはいつも、本文よりもはるかにレベルの高い話を教えてくれはる人が来てくれはって、これも有難い話です。一人でできることは小さくても、みんなが集まれば、時にびっくりするようなこともできることも教えてもらえました。

 えらい前置きが長うなったわ(笑)。昨日のコメント欄で「クラーケン」のことを教えてもらいました。さらに、ブログ「無敵の太陽」さんのことをまた教えてもらいました。また、と言うのは、前にも聞いて、読んだことがあったからです。めっちゃレベルが高いですね。何者なんや?この人?と、つい過去記事を読みふけってしまいました(笑)。

 アメリカのことにも通暁されているようで、どうも英語にもお強そうです。そして今回の米大統領選挙のことについても正しく深く、教えてくれてはります。もうちょっと早うから読んどいたらよかったな。いずれにしても、トランプさんは4年前、いやそれ以前からこの選挙不正のことはわかっていて、ずうーっと作戦を練りに練って来てはったんとちゃうか、と思いました。

 この4年間、アメリカでも日本でも、マスゴミが伝えるトランプさんの印象は、とんでもなく歪められて来てると思います。共和党支持、民主党支持にかかわらず、アメリカのエスタブリッシュメント層にとっては、絶対に認めたくない人なんやと思います。

 それでもようやくここに来て、ちゃんと認めようという人たちがたくさん出て来るようになったんやろなあ、と思います。話は戻りますがブログ「無敵の太陽」さんも、ニューヨークで不動産業をやってたら、それこそ生き馬の目を抜くような話はなんぼでもあるわけで、謀略やら暗殺やら、裏切りやら、何でもありの世界はとうに知ってはるはずや、という意味のことを書いてはりました。

 そう言えば昨日、ダイレクト出版から出た本『トランプの真実 トランプ・ファミリーとホワイトハウスの素顔』(ダグ・ウィード 監修・解説 藤井厳喜)が家に届きました。544ページもあるエラいデカい、重い(笑)本です。早う読みたいけど、これ、時間かかりそうやな。

 何べんでも言いますが、日本のマスゴミは、アメリカのマスゴミ(MSM:メインストリームメディア)の引き写ししかしてへんから、必ず間違います。ホンマにハラ立ちますけど、私らが賢うなるしかありませんね。頑張って読も。

 話は米大統領選に戻って、篠原常一郎さんのメルマガで、

今朝、米国側からこんなメッセージが…
「ジョー、動き出したがまだ焦りなさんな。来週に大きなヤマが来るぞ。落ち着いて事態を追うようにするといい」

 ということやそうです。そして、トランプ弁護団の一人、リンウッド弁護士の最近のツイートに、バイデンの過去の数々の不正について、訴訟が次々に起こされるであろうことが示唆されているようです。

 また、同じく昨日のコメント欄で彩希さんが、トランプさんが「セクション230(米通信品位法230条)」をツイッター、フェイスブックには解除することを言い始めてることを知らせてくれはりました。ツイッター、フェイスブックよ、震えて待て、やな(笑)。

 さらに、一昨日のコメント欄でsanaさんが「路徳社」のリンクを貼ってくれはりましたが、それが拡散されているようです。BonaFidrというサイトに出ていました(ジョー・バイデンは負けることを察知しミッチ・マコーネル上院議長に助けを求める?|路徳社からの情報をGNewsが報道)。

路徳社が今晩行った生配信によると、ジョー・バイデンは法的制裁に抗うことが難しいことを察知した。ハンター・バイデンのハード・ドライブ事件を含んだ全ての犯罪に対して、トランプ大統領が彼を恩赦することを条件に、ジョー・バイデンは保護を求めてミッチ・マコーネル上院議長(共和党)に降伏した。

 まあどうしても私らは、そうあって欲しいと思うニュースに飛びつきたくなるもんですね。まあそれはそれで、見て行くことにしましょう。マスゴミはゴミですからね。

 それにしても、これだけ大々的に訴訟を連発してるのに、バイデン側が名誉棄損や、とか、事実無根や、とか言い出した、みたいな反訴の動きが全くあらへんやんか。サヨクは訴訟が得意なはずなのに、そのこと自体がおかしいで。やっぱりどんどん追い詰められて来てる、というのがホンマの話なんとちゃうか。

 あと、ツイッター社がパウエル弁護士のアカウントをブロックしたりとか、もう焦りまくってる感じもしますね。これ、もしホンマに不正選挙に加担してたことが証明されたら、上の「セクション230」の話どころやあらへん、国家反逆罪を適用、みたいは話になりかねへんやんか。ひえーー。

【追記(同日)】
■タイトル:取材→報道 に変えました。
■速報です。<HUGE Judge!巨大な判決!ペンシルバニアの別の訴訟で勝訴!「選挙は違憲!PA州議会に選挙人を選択する権限を与える!」>

【追記(11/29)】コメント欄で「通りすがりの激オコ読者」様が、「ミッチ・マコーネル上院議長は共和党だがバリバリのパンダ・ハガーで、バイデンはトランプ陣営への恩赦を頼み込んだのでは無く、チャイナからの支援を頼み込んだのではないか」という考えを紹介してくれてはります。

【文中リンク先URL】
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/
https://bonafidr.com/2020/11/26/%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%87%e3%83%b3%e3%81%af%e8%b2%a0%e3%81%91%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%82%92%e5%af%9f%e7%9f%a5%e3%81%97%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%bb/

 ↑ バイデンはホンマに負けを察知したんかと思う人はクリック!ww

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント