全会一致の川崎市「日本人差別条例」。危ない市長による今後の運用をしっかり監視せなあかんな。

未分類

 とうとう川崎市で罰則付きの「ヘイトスピーチ条例」、私が言う「日本人差別条例」が通ってしまいましたね。これについては何度か書きました(「【速報】罰則付き「日本人差別条例」を制定する川崎市議会。知ってしもたらできる限り抵抗や!」、「川崎で日本人差別条例ができる。誰が「ヘイト」と決めるんや?市長による言論弾圧やんか。」)。

 今さらですが念のため、12月12日のNHKのWEBニュースを見ておきます。

ヘイトスピーチなどの民族差別的な言動を繰り返した場合、刑事罰を科すことを盛り込んだ全国初の条例が12日、川崎市議会で成立しました。川崎市は、表現の自由への配慮と実効性の確保の両立を目指したとしています。
川崎市はヘイトスピーチなど、民族差別的な言動を市の「勧告」や「命令」に従わず3回繰り返した場合、最高で50万円の罰金を科すことなどを盛り込んだ条例案を開会中の市議会に提出していました。
この条例案について12日の本会議で採決が行われ、継続審議が必要だとして退席した議員2人を除く全員の賛成で可決されました。

 もともと川崎市は大阪市と似ていて、在日韓国・朝鮮人が多いところですね。ずいぶん以前、「嫌韓デモ」が流行ったことがあり、私は知らんかったんですが、その頃、いわゆる「在特会」つまり「在日特権を許さない市民の会」が各地でデモをしていた際に、たとえば「朝鮮人は○ね」とか、「在日はゴ○○リ」とかの言葉を発した人が多数おったことから、この条例のもとになった法律が作られた、というわけですね。

 こういう嫌韓デモに対抗して、その相手側の立場の人たちが繰り出すデモを、「カウンター」と言うんやそうですが、それが組織化されたのが「レイシストをしばき隊」で、あちこちで衝突が起こり、双方に逮捕者が出たりしていました。当時の動画や被害者の画像なんかもネットでは出回っていて、一般の人が見ると、ホンマに引いてしまいますね。どっちもどっちやんか、と。

 暴力はやめてほしいと思いますし、もともと日本人というのは人前で他人の事を大声で貶めたりなんかはあんまりせえへんわけやから、「ヘイトスピーチはやめましょう」と言うだけの法律や条例やったら、はいはい、そうですね、で済んでしまうやろうし、日本人だけの社会やったら、特に反対する理由もないわけで、じっさい今回の川崎市でも「全会一致」で決まってしもうたわけですね。

 で、何が問題なんかと言うと、これは前の大阪でも同じですけど、基本的には市長が恣意的に選ぶ人が「ヘイト」かどうかを決められる、いうことですね。ごちゃごちゃ言い訳をしてますが、裁判所よりもたちの悪い運用をすることが可能なわけで、そこが危険極まりない、と。通ってしもたからには運用をしっかり監視せなあかんわけですね。

 そしてマスゴミは上のニュースでも案の定、「全員の賛成で」としていますね。前に書いた時の小坪さんが紹介してくれた自民党市議のせめてもの抵抗、「附帯決議」の話なんか、NHKに限らず、どこにも出てきていませんね。過半数を持ってない川崎市の自民党は、議会ではそれなりにいろんな貸し借りがあるわけで、そう簡単に「はんたい!」と言われへんかったんかも知れませんが、私ら一般の人からしたら、何とも不可解な話ですね。過半数ギリギリで通った、という形にはお互い、したくなかったんやそうです。

 もちろん小坪さんは川崎の自民市議団はよう頑張った、とも言うてはりますし、これからの川崎市以外の住民の戦い方も広めてくれてはりますから有難いですが、要はそういう、日本人のために働くわけではない議員を、こんだけ送り込んでしもてる私ら日本人自体が負けてるやん、ということですね。まだまだ先は長いわ。

 そしたら今日の瀬戸弘幸さんのブログでは、「日暮里駅東口で朝鮮人達が朝鮮学校・幼稚園の無償化を求めてチラシ配布などをやっていた」と書いてはりました。日本人は大声では言いませんが、心の中では、こいつらおかしいと、ホンマの事を知る人が増えて来てると思いますね。さらに瀬戸さんは、今ベストセラーになっている『反日種族主義』の著者たちが、いずれ日本に来て講演することになる日が来るかもしれない、と書いてはります。どんどんバレていってほしいですね。

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント