北方領土の返還は50年かかってもええ。今は無理。原則だけは崩したらあかん、富国強兵や。

未分類

 グレンコ・アンドリーさんというのは、国際政治学者、ウクライナの首都キエフの出身で、早稲田大学に留学して、いったんキエフに帰った後、京都大学大学院でまた勉強中に、アパの懸賞論文で入選しはった人ですね。32才、若いですね。この人とは別に同じウクライナ人でナザレンコ・アンドリーという人がネットでは結構出てはるのでややこしいですね(笑)。こちらはもっと若くて24才。Twitterでも盛んに発言してはりますね。

 で、グレンコ・アンドリーさんに戻って、この本『日本を取り巻く無法国家のあしらい方』を、知人から頂いたので読みました。ウクライナというのは昔からずっとロシアに押さえつけられていたんですね。せやから今の日本と日本人を見て、それはそれは危なっかしいと思い、警鐘を鳴らしてくれてはります。「はじめに」で、いきなり笑えます。グレンコさんが子供の頃に聞いた話。

 天地創造の頃、神が側近に言った。
 「ウクライナという国を作ろう。世界一美しい国土に世界一美味しい食物を与え、世界一勤勉な人々を住まわせよう」
 「神様、それではウクライナという国が恵まれすぎています」
 「心配なし。隣にロシアという国を配しておく」

 いや、笑い話ではありませんね。今ウクライナの東部はもう実質ロシアが押さえていますね。ウクライナは過去通算で330年間、ロシアから「植民地支配」を受けて、その犠牲者の数は1000万人なんやそうです。せやから、韓国が「日本に植民地支配を受けた」なんて言うのはちゃんちゃらおかしい、ということのようです。ソ連時代、スターリンがウクライナの農村地帯から食糧を強制的に奪い取り、何百万人もの餓死者を出した「ホロドモール」もあった、これが植民地なんやで、という話ですね。

 韓国=ストーカー、北朝鮮=チンピラ、中国=ヤクザ、ロシア=マフィア、と書いてはるグレンコさんからしたら、やっぱり一番危険なのはロシアでしょう。せやからこそロシア人の思考回路についての話は、私ら日本人にとってはものごっつい参考になりますね。

 北方領土問題についても、めっちゃシンプルです。ロシアは全く返す気なんかありませんね。なぜなら、「第二次世界大戦における勝利こそが、ロシアにとっての国家の正当性の源そのものです」と。ロシア人の大多数は一応(キリスト)正教会ですが、その最大の祭日である生誕祭(クリスマス)よりも、もっと大事なのが毎年5月9日に行われる「対独戦勝記念日」なんやそうです。

 先の大戦のことをロシア人は「大祖国戦争」と呼んでいる、と。ちなみに「祖国戦争」は、フランスのナポレオンとの戦いに勝った戦争のことやと。せやから、今の領土はこの偉大な大祖国戦争の結果やというわけですね。こりゃー、丸山議員やないけど、また戦争で勝たへん限り、返ってけえへんな。と思たら、グレンコさんもはっきり書いてはりました。

北方領土を取り返すことが可能になるのは、日本が軍事的にロシアより強くなった時です。

 せやから、焦ったらあかん、何十年かかってもいつか必ず、という心構えが大事、と。ロシアには深入りは禁物、外交的儀礼だけでええ、とも書いてはります。立場だけは変えたらあかん、ということですね。これについては先日亡くなりはった木村汎さんがずっと言うてはりましたね。2島先行返還とかに騙されたらあかん、と。ふむふむ、「原則大事」というわけですね。

 この本ではグレンコさんは韓国、中国、北朝鮮についてもどうあしらえばええか、を書いてくれてはります。めっちゃ現実的で、説得力があります。安倍ちゃんについても辛口です。

 安倍首相の対中対露外交は、目先の問題だけを解決していこうという外交にしか見えません。根本的に変えようとする意思はどこにも見えません。

 つまり、八方美人や、と書いてはります。でも、安倍さんは今の日本の有力政治家の中で一番マシやから、安倍内閣を打倒するべきではない、他の政治家はもっとひどい、と。でも一番マシな安倍首相ですら、アメリカのエリートからは信用されていない、そうすると、他ではもっと信用されへん、ということで、日本の政界はここまでも人材不足に陥っています、とまで書いてはります。

 いやあ、ようわかってはるなあ。もう絶望的な気分になりそうですが、「おわりに」ではちゃんと心構えまで書いてくれてはります。その6つのうちの一つです。

 3 うまくいかないことを、誰か、何かのせいにしてはいけません。例えば、アメリカが悪い、左翼が悪い、憲法九条が悪いからできない、など。どうすればできるのか、考えなければなりません。

 そして、「100年かかるかもしれません」とも。ひえーー、スケールが違うな。でもこの本自体は、日本人への愛情に満ちていているように思いました。日本のことが大好き、みたいな。

 私ら大阪の人間はせっかちやから、すぐにでも結果が欲しくなるんですが、それではあかんわけですね。50年、100年先にでも、「あの時にあんたが頑張ってくれたから、今があるんや」と言うてもらえるようにせなあかんわけですね。うーん、なかなか達観はできそうにないなあ。

人気ブログランキング

※WEBマガジン配信してます。覗いてみてね。

変換 ~ 応援してねセット

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント