現場を貶して混乱させ、自分はさっさと動画を削除。あんた日本人か?恥を知れ、岩田健太郎教授。

未分類

人気ブログランキング

 ダイプリて何やねんと思たら、ダイヤモンド・プリンセス号のことでした(笑)。船籍は英国、運営は米国やのに、なんで一部の外国人からエラそうに、日本政府の対応を非難されんとあかんねや?日本政府は良かれと思うて善意でやってるんや。アメリカ大使館は正式なコメントで、日本政府に最大限の感謝の言葉をちゃんと出していますね。一応、アメリカは文明国やと認めたるわ。

 そしたら岩田健太郎という、神戸大学教授の医者が、いきなり船の中に入って船の対応をあれこれ貶した動画をYouTubeに流して大騒ぎになり、結局削除したという事件があったことを知りました。そして何でもええからとにかく日本を貶めたいだけの、低劣な日本のマスゴミは、すぐさまものごっついい勢いで、これを放送して拡散しました。

 これを見て多くの人は、また政府がやらかしたんか、と思たことでしょう。ただ、私は確認していませんが、動画が削除されたと言われた後も、英語版と中国語版はまだ残されてた、という話もありますね。わざわざ外国語版も作って流すって、何やねんそれ。ひどいな。(※ホンマかどうかは知りませんが、日本語と英語版は同時に削除した、と本人が言うてました。中国語はわかりません。)

 この動画をYouTubeに上げた岩田健太郎という人がどんな人かは知りませんが、たしかに「ネトウヨはゴキブリ」みたいな意味のことをツイートしてたりしたので、そちら方面のアタマの中は、推して知るべし、かも知れませんね。そしてFacebookで高山義浩さんという人が的確な説明をされていて、それを河野防衛大臣とかがTwitterでフォローするなどして、かなりホンマのことが広まってきてはいるようです。

 日本ではまだ、ネットでもうまいこと使うたら、間違いを少しは正せる機能はありそうですね。そして大騒ぎを起こしたこの岩田教授は結局、何がしたかったんや?という話ですね。一気にバズりましたから、もう有名人ですね。ダイプリが突然やってきて、政府の人たちはとにかく最善を尽くそうと現場で奮闘してるところにいきなりやって来て、悪意のある映像を勝手に撮って拡散して批判する、あんた、日本人か?いや、それより、人としてどうやねん?

 それに対して上の高山さんといい、政府関係者はみなさん、まことに抑制された調子で、丁寧に説明しようと努力してはりますね。そんなん、ほとんど初めてのことばっかり、しかも毎日状況が変わる中で、全てが完璧にできるなんてあらへん、それでも現場は懸命に対応してるんやんか。自分には次に何が手伝えるのかを各自で考えて、静かに行動に移す、それがホンマの日本人とちゃいますか。

 私がいろんなことに「覚醒」したきっかけは、東日本大震災でした。被災地の人たちが救援物資を受け取ったあと、「ここはこれでもう大丈夫です、他のところに回ってあげてください」と言うたという話、日本人にはわかりますよね。お人好しで性善説、それでええやんか。それに付け込む邪悪な奴らがいっぱいおるということは、上に立つ人がしっかり認識しといたらええねん。

 お人好しの安倍ちゃん、「中国」さんはたいそうお困りのようやから、習近平さんには何としてでも国賓で来てもらうんですか?ええんですか、そんなことで。世界中に間違うたメッセージを送ることになりますよ。天皇陛下への謁見だけはやめてほしいな。人の善意を利用するだけの奴らはいっぱいおるんや。国民がそれに巻き込まれんようにするのが上に立つ人の役割やんか。よう考えてや。

 まあ実はもう結論は出ていて、できるだけギリギリまで引っ張って、なるべく「中国」様のメンツを壊さんように、しれっと中止にしようと画策してるんかなあ、と勝手に思てます。この状況で、国賓はもう有り得んやろ。もし強行したら、いよいよ「中国」とともに、日本も崩壊やな。覚悟しときや、安倍ちゃん。

 ※これを書いてる最中でもまだ、マスゴミのテレビはこの岩田教授にインタビューしてコメントを求めていますね。よかったね、岩田くん、ますます有名になって、テレビにも出られるやんか。唾棄すべき人間というのは、こういう人のことを言うんやろうな。

 ※さらに、アホなテレビ局が岩田くんのコメントを有難がって取り上げてます。外から無責任なことをグチャグチャ言うなや。やっぱりテレビのニュースを作ってるのは、日本人とちゃうな。残念。

人気ブログランキング

※WEBマガジン配信してます。覗いてみてね。

応援してねセット改定

【浪速瓦版20200219】■タイトル:有名映画監督の一家でさえ治療も受けられずに死んでいく、生き地獄のCHINA。バッタも控えてまっせ。■記事:「福島食材、そっちの国よりきれい」…日本復興相、「輸入規制」韓国批判/習近平「1月7日に感染対策指示」は虚偽か/今朝にあらためて考えること 青山繁晴/中国、映画監督一家4人が新型肺炎で死亡 ネット警察は当初「デマ」
ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント