チャイナとはもう戦争が始まってるんやでと言うと、何を煽ってる、と日本におる工作員が言う。

未分類

人気ブログランキング

 私ら日本人は律儀やから、戦争というのはちゃんと宣戦布告してから始めるもんやと思てる人がまだまだ多いと思いますけど、実際には世界中の戦争なんて、ええ加減なもんですよね。戦争をするには必ず意図があるわけで、それをちゃんと事前に見抜いておくことが、ずっと大事なわけですね。もっと言えば、戦わずして勝つというのが理想なんですけどね、孫氏に言わすれば。

 あ、日本の真珠湾攻撃は、宣戦布告をする前に始めた卑怯な奇襲やったと信じてる人が、いまだに日本人の中にもようけいてるみたいですね。ちょっとちゃいますね。日本政府はアメリカの日本大使館に電報を打ったけど、大使館の外務官僚は前夜に送別会とかをやっていて、たぶんお酒も呑んでいたやろうから、朝、遅めに出勤したところが、大量の電報が未明からどっさり届いてたのに気づいて、大慌てで解読して(暗号もありますから)、翻訳して、タイプ打ちしてたら時間がかかってしもて、結局アメリカ側に文書を手渡せたのは何と、真珠湾攻撃開始後1時間も経っていたという、まことにお粗末なお話なんですね。

 あ、話それたわ。ついでに書いておくと、当時のルーズベルト大統領は、日本の帝国海軍が真珠湾に向かっていることは事前に知ってたんですね。アメリカは絶対に戦争(当時すでに始まっていた第二次世界大戦)に参加しません、と言うて選挙に勝ったもんやから、どうしても戦争に参加する口実が欲しかったわけですね。せやからハルノートという、とんでもない挑発文書を日本に突き付けて、日本から攻撃させるように仕掛けた、と。

 ルーズベルトにとっては、真珠湾にいて犠牲になったアメリカ人数千人の命は、別にどうでも良かったわけですね。いや、むしろアメリカを参戦に導くために、死んでもらわなあかんかったわけですね。いやあ、今も昔もアメリカ民主党は変わらへんな。いや、その後ろにおる、戦争で儲けようとする人でなしのやる事は、今も同じということですね。

 いろんなことがだんだんとわかって来た今、私ら日本人は、戦争に負けたことからホンマに学んできたんやろか、と、真剣に反省せなあきませんね。

 「中国」は実は、日本に宣戦布告してるんですよ、と言えばそんなアホな、とたいていの日本人は言うでしょう。けれど、北野幸伯さんあたりは、もう何年も前からずっと警告してはりますね。「中国」は堂々と「尖閣、沖縄は中国のものや」と言うてます、と。いやそれは、新聞が勝手に書いてるだけや、という人が(まあこれは工作員とみなしてもええんですが)いますが、そういえばつい先日、<米政府、新華社など中国メディア5社を「外国の宣伝機関」と認定>というニュースが出ていましたね。

米政府は新華社通信など中国メディア5社を「外国の宣伝機関」に認定した。習近平国家主席率いる中国共産党が報道機関に対する極めて厳しい国家統制を強めているとのトランプ政権の認識を反映する決定だと国務省当局者は説明している。

 トランプさんは、着々とCHINAを追い込んでいるように思います。これに対してCHINA政府はすかさず、<中国、米紙3人の記者証取り消し「人種差別含む見出し」>と対応したところ、<ポンペオ氏は「正しい反応は反論を示すことで、言論を制限することではない」と指摘した。>んやそうです。ほら、やっぱりもう戦争は始まってるやん、これ。

 いつまでたってもお人好しなままの日本人。世界は今、食うか食われるかの時代に入っていこうとしてるんやで。もう毎日、心配で心配でしゃーないですね。習近平さんの国賓招待、もう絶対あかんと思いますが、何か、とんでもないどんでん返しがあるんやろか。引き続き、声を上げていかなあかんと思います。

人気ブログランキング

※WEBマガジン配信してます。覗いてみてね。

応援してねセット改定

浪速瓦版(なにわかわらばん)20200220
■タイトル:日本企業、CHINAに対してお人好しではあかんで。足元見て、隙があったら蹴たぐったったらええねん。
■記事:仏当局、ゴーン被告疑惑を本格捜査へ ルノー資金の不正使用巡り/習近平国賓訪日への忖度が招いた日本の「水際失敗」/ハーバード大学の頭脳を狙ってチャイナ・マネーが乱舞/新型肺炎感染拡大の中国に日本企業がしてきたことは?―中国メディア

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント