地球規模で被害者ヅラをして責任を他人になすり付けるCHINA。許したらあかん。二階もな。

未分類

 武漢ウイルスの感染者の増え方は、世界で見ると日本は緩やかに見えますね。昨日の「ぱよぱよ日記」さんで引用してはったグラフが一目瞭然ですね。遅ればせながらでも学校を休みにして良かったな、と思います。それにしても日本人は、がまん強いですね。突然の政府からの「要請」でも、「しゃーないな」とちゃんと従いますね。同じ日本人、辛いのはみんな一緒やから頑張ろう、となってしまうんですね。

 それ自体は、実は日本人の強さなんやけど、考えたらホンマにアホらしいですね。悪いのは誰やねん、最初にウイルスを出しときながら、ずっと隠蔽して、結局は世界に広めてしもた中国共産党やないか。それやのに、あいつらは今何を言うてるかと言うと、「これはアメリカが拡散した人工ウイルスや」とか、「中国はもう立派に拡散を止めて、今は終息に向かってる」とか。もうウソまる出しですね。

 そもそもCHINAの発表する数字はまっっったく信用できませんね。最初から当局の意図に基づいて決められた数字を出してるだけですね。それをそのまま何の注釈もなく平気で転載し、論評するマスゴミはもはや共犯者ですね。藤井厳喜さんは最初の頃から、「ゼロが少なくとも一つ以上は違う」と考えるべき、と言うてはりますね。

 そしてさらにCHINAは、このウイルスはまるで、日本では新しいタイプが出現したかのように言うてたようですね。さすがに「日本肺炎」とは言うてなかったのですが、できればそう言いたかった、ということやと思いますね(ドロボーが逃げるとき、ドロボーと叫んで追っかける仕草をする。武漢肺炎が日本肺炎に?!)。山田宏参議院議員が国会できちんと「『武漢肺炎』と言う」と言うてくれはりましたし、アメリカのポンペオ国務長官も何べんも「武漢ウイルス」と言うてはりますね。

 実はそれこそがもう、宣伝戦や、と気いつかなあかんわけですね。前にも書きましたが、親中派の二階幹事長がとんでもないことを言うてたわけですね(二階氏と中国外交トップ会談)。

二階幹事長は今回、中国側から日本側に対して5000着の防護服と1万枚のマスクが支援されたことについて感謝の意を伝えました。そのうえで、新型コロナウイルスの感染拡大が収束した際には「お礼のための中国訪問をしたい」と述べました。

 日本国民の命と健康よりも、CHINAとの商売が大事という、とんでもない人間ですね。藤井厳喜さんが緊急の有料動画で、この人には辞めてもらわなあかんと言うてはります。反日マスゴミは何とか「安倍退陣」に持ち込みたいようですが、もしそうなったとして、その後はどうするんや?アホのマスゴミが上げる後継候補はことごとく、親中派ですね。あー恐ろし。

 というわけで、安倍ちゃん、辞めてもろたら困るんや。まず二階を始めとする親中派を全部切って、いよいよ現実のものになる経済大崩落を、何としても止めてもらわなあかん。

 藤井厳喜さんは次の4つを上げてはります。

1.消費税0%を3年続けろ、しかも企業には去年10月からさかのぼって適用、と。

2.真水の20兆円の補正予算を5年、公共投資に使え。

3.働き方改革はやめろ、キャッシュレスも中止しろ、と。これは中小企業には負担過ぎる。

4.CHINA排除の部品調達網を作れ、と。

これは全部その通りですね。麻生くんにも覚悟を決めてもらわなあかんな。

 この武漢ウイルスはけっこう弱っちいウイルスのように思いますし、毎年インフルエンザが猛威を振るうことに慣れてる私ら日本人からしたら、それほど大したことは無いようにも見えてきます。今ホンマにコワいのは、まさに人類の敵、中国共産党と、それに媚びへつらう意志薄弱な日本人やということやな。

 これはもう、命が懸かってる戦争と同じなんやとしっかり認識して、敵は誰かを明らかにしてそれを殲滅せなあかんな。負けたらあかん。

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント