今諦めたら、世界の「人間牧場」化が完成するんやで。臓器を抜き取られんためにも戦わなあかん。

未分類

 ジョージ・オーウェルの『1984』を私はまだ読んでへんので、早う読みたいと思てますが、多くの人が、今まさに世界が、この小説の通りになって来てることを指摘してはりますね。少し前までは、その最先端(笑)を走っているのが「中国」やと思われてました。チベット、ウイグル、南モンゴル、(そして香港)に対するとんでもない政策は、もはや人間のすることではありませんね。

 政府が人民の生活の全てを監視し、管理する世界が「中国」ではもう完成してるわけですね。もちろん言論の自由なんか、始めっからありませんね。もはや「人間牧場」です。政府、つまり共産党のエラいさんの意向一つで、他人の臓器でも何でも、取りたい放題と。あー恐ろし。

 そんな超監視社会が何と今、アメリカで着々と築かれているということが恐ろしいです。あちら側の人たちの認識では今は一般人になったトランプさんのSNSは全て、過去の発言に至るまで削除されましたね。そして今は、トランプさん個人の銀行口座も封鎖するという動きもあるようです。ムチャクチャやな。

 いったん権力を得てしまうと、自分に都合の悪いものは無かったことにする、というのは古今東西の習いですね。その人がおったことさえも消してしまおう、ということですね。「中国」人も真っ青な、今のアメリカのディープステート側の動きですね。

 それもこれも、1月6日にトランプさんが議事堂乱入をけしかけたからや、ということにしたいようですが、それもいわゆるデッチあげ、ですね。我那覇真子さんをはじめ、多くの証拠映像が上がっています。それを見たくない人には見えへん、ということなんでしょう。

 そういえば今日(1/28)の産経の「正論」で、平川祐弘さんが「今回、自己の落選を認めぬトランプ氏の悪あがきは醜態だ。トランプ氏はデモクラシーの威信そのものを傷つけた。」と書いてはりました。あーあ。新聞しか読んでへんから、恥かいてしもたな、この人。もうお年やから、ネットは見られへんのかな。終わったな、この人も。

 あ、若くても終わってる人はネットにもいてはるから、単に情報感度の話かも知れませんね。いや、感度と言うより、健全な思考回路ができてへん、ということかも知れません。例えば全世界のトランプファンが、結局何も起こらへんかったとがっかりした、1月20日のバイデン就任式の映像です。

 世界中に「中継」されたはずのこの映像は、その一部が明らかに事前に収録されたものであることは、直後からネットでは拡散されていました。ここまでええ加減な作りになってしもてることに、あちら側の焦りが現れてるんかも知れませんね。実はそれって、あの「911」の時もそうやったとか。現実の映像と、架空の、別の映像をまぜる手法なんやそうです。

 それでも、もう世界はそうなってるんやから、トランプは敗北を認めろ、という話は、私は絶対に認めるわけにはいきません。それって、上で書いた「人間牧場」を認めることになるんやで、ということに気い付かなあかんと思います。認めたら、ホンマに私らはすぐにでも、臓器を抜き取られることになりますよ、という話です。

 それにしても1月20日はがっかりやったなあと思たら、今日(1/28)、途絶えていた「マタタビの羅針盤」さんがアップされてました。何と、「『9』に関する動画」をアップしたら、1週間の投稿停止処分を喰らい、さらに広告も全部、停止されたんやそうです。そこで新しいアカウント(マタタビの羅針盤2)を作った、と。

 そして早速、聞きたかったサイモン・パークスさんの動画の翻訳の文字起こしをしてくれてはりました。
【文字のみ】1月21日のアップデート サイモン 2021/01/21
【文字のみ】1月25日のアップデート サイモン 2021/01/25

 いやあ、待ってましたー、やな。何とサイモン・パークスさんもユーチューブをBANされたそうです。このサイモンさんも、多くの人から「1/20には何も起こらへんかったやないか!」となじられたようです。

 せやけど、実はこの話は軍事作戦なんやから、全部をリークしてもらえるわけではないんですね。せやから、「信じる、信じないはあなた次第」ということになるわけです。それを転載する私も、それを前提に拡散させてもらいます。

 1/20に、悪い奴らをワシントンDCで「一網打尽」にする計画は、確かにあったが、直前になって、あちら側がとんでもないことをしでかす危険性が判明したため、急遽、作戦は中止されたということのようです。

 それは小さな核爆弾かも知れんし、とにかく大災害、たとえばアメリカの東海岸や西海岸が水浸しになる、とかの大惨事が起こる可能性があったため、断念した、ということのようです。サイモンさんは「悪魔のようなカバールは、かなり狂っている」と言うてはります。あいつらは、人が何人死のうがまったく平気というわけです。

 それでも今は、世界のマスゴミは絶対に言いませんが、間違いなく軍政に移行しているわけですね。そしてすでに次の作戦に移っている、と。その期日は3月4日か、もしくは4月中旬、なんやそうです。たしかにバイデンは今、ペンタゴンには入らせてもらえません。え?内戦中やん、これ。

 ネットに上がって話題になった、トランプさんからバイデンへの手紙「Joe,you knou I won.」はホンマなんやそうです。バイデンは「とても寛大な手紙だったが、トランプと会った後に公表する」と言うて、隠してるな(笑)。さらにトランプさんの得票は3/4、つまりは1億票やったことを、軍は知ってるんやそうです。

 どひゃあーーやな。トランプさんは今もずっと、合法的に動こうとしている、と。いくつかの州では正しく投票を数え始めた、と。そしてトランプさんはアメリカ国民に被害が出るようなことは望んでへん、ということやそうです。

 上の2本目では、絶対に暴力はあかん、と言うてはります。州兵や警察に対して銃を向ければ相手の思うつぼや、ということです。そして、1/20の計画が急遽中止になったわけのカギは、スペインのマドリッドで起った爆発が関係してるそうです。また、1/20の就任式の時に、まさかの敵、味方やと思てたのに敵やったんか、というのが現れたんやそうです。

 それって、ペンス元副大統領のことやんか、と思いましたが、言うてはりません。悪魔の深さが事前に思っていたよりも、はるかに深かったことがわかった、と。それも含めて、トランプさんを応援する人たちは、今はめっちゃヤキモキ、イライラしています。

 せやけど最後にトランプさんは「近いうちに違う形で戻る」と言いました。また「最高の形はまだ来ていない」とも言うてはりました。今、私らはその言葉を信じて待つしかありませんね。トランプさんは絶対に戻って来る!と信じましょう。

【文中リンク先URL】
https://special.sankei.com/f/seiron/article/20210128/0001.html
https://www.youtube.com/watch?v=hBY-LSVL8s0
https://www.youtube.com/channel/UCW9qwrldF06YeYCzaFnmT8Q
https://www.youtube.com/watch?v=48EgPHP5uWc
https://www.youtube.com/watch?v=IQVzfcwHiZM

 ↑ トランプさんは絶対帰って来ると思う人はクリック!

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント