日本国民の敵、二階君の次は麻生君やで、消費税。え?ポイント還元?あんた脳みそついてるか?

未分類

 安倍ちゃんが昨日の夜6時からまた記者会見をしました。土曜の18時は都合がええんかも知れませんね。反日野党連中がギャーギャー言うて反対してた「新型インフルエンザ等対策特別措置法」が成立し、首相が「緊急事態宣言」を発令することが可能になっていたわけで、アメリカが少し前に非常事態宣言をしたもんやから、日本もするんかな?と一瞬思いましたが、今はそういう状況にない、という話でしたね。

 それ以外に目新しい話はないようでした。当面の財政措置4300?億円と、金融支援が1.6兆円というのは、既に打ち出されてた話で、これからは世界で落ち込んでいく経済を見て、「これまでにない発想」で対応をする、と言うてはりましたね。ただ、ちょっと期待したのは、記者の「減税」の質問に答えて、先日の自民党若手議員の申し入れの話を、ここでしはったことです。

 立場上、実際に提言なり申し入れがあったことに応える、という形の方が通しやすい、ということでしょう。その若手議員の話というのは3月11日のことで、広く報道されてましたね(自民若手議員ら 消費税ゼロなど提言 新型ウイルス感染拡大で)。

提言では、当分の間、消費税をゼロにするほか、30兆円規模の補正予算案を編成することなどを求めていて、財源は国債の発行で捻出するとしています。

 おおー、これは正しいやんか。この話を安倍ちゃんがわざわざ今回の記者会見で取り上げたということは、、、と期待できますね。そういえば山田宏参議院議員が国会で「中国」、韓国からの入国禁止を早うしたらどうや、と発言しはったことも、実現しましたからね。

 「消費税ゼロに30兆円の補正予算」の提言の前日の3月10日には国会で麻生くんが、「景気対策として減税が一案というのは世界の潮流。反対するつもりはない」と述べた、という報道もあり(景気対策としての減税、反対するつもりない=麻生財務相)、めっちゃ期待してました。

 ところが一方で、同じ日(10日)の記者会見では、経済はそんなに落ち込んでるわけではない、みたいな、ようわからんことを言うてはります(追加経済対策は「武漢ウイルス」終息次第 リーマン級の景気悪化とはいえず 麻生財務相)。

 麻生氏は「(コロナショックを)リーマン・ショックと比べる人がいるが、あのときは金融機関に端を発し、市場から現金がなくなって騒ぎになった。今回そんなことは起きていない」と強調し、金融危機に波及するとの見方を否定した。

 いやあ、何か、見方が甘いんとちゃうか?そしたら何と13日の記者会見では「麻生財務相が消費税減税を否定」という報道が出ていました。

 麻生太郎財務相は13日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた追加経済対策として消費税などの減税措置を講じることについて、「一律減税したって(景気)刺激にはならない」と否定的な見方を示した。

 一方、麻生氏は消費税増税に伴う景気刺激策でキャッシュレス決済のポイント還元制度が最も国民から利用されたことを挙げ、「効果があるものにしないと意味がない。経験を大事にして対策を考える」と指摘。「(お金を)持っている人が使ってくれなきゃ意味がない」と説明し、追加経済対策では給付措置による消費喚起に力を入れるべきだと説明した。

 おいおい、何の話をしてるんや?去年10月の増税時には「万全の景気対策」の一つとしてポイント還元制度があったんは知ってるけど、それをやって結果、10~12月の経済状況は、年率で7.1%もガタ落ちしたんやないか?あんた、アタマに脳みそ入ってるんか? 。

 一方、麻生氏は消費税増税に伴う景気刺激策でキャッシュレス決済のポイント還元制度が最も国民から利用されたことを挙げ、「効果があるものにしないと意味がない。経験を大事にして対策を考える」と指摘。「(お金を)持っている人が使ってくれなきゃ意味がない」と説明し、追加経済対策では給付措置による消費喚起に力を入れるべきだと説明した。

 おいおい、何の話をしてるんや?去年10月の増税時には「万全の景気対策」の一つとしてポイント還元制度があったんは知ってるけど、それをやって結果、10~12月の経済状況は、年率で7.1%もガタ落ちしたんやないか?あんた、アタマに脳みそ入ってるんか?

 もうこのおじいさん、財務省には絶対逆らうつもりはなさそうやな。財務官僚に何か握られてるんか?あんたの意地のために、日本国民の生活を犠牲にして欲しいないわ。この20年、30年、世界中の成長からたった一国、日本だけが取り残されて、今や後進国まっしぐらの原因が、財務省の増税、緊縮路線にあることはもう明らかですからね。

 もう一度、昨日の記者会見を振り返ると(朝日新聞デジタル)、

 首相は、新型コロナをきっかけにした国内外の経済の減速傾向に対しては、「今後も機動的に必要かつ十分な財政政策を間髪を入れず、講じる。あくまで感染拡大防止が最優先だが、一気呵成(かせい)にこれまでにない発想で思い切った措置を講じる」と述べた。自民党内からも声が上がっている消費減税についても問われたが、首相は答えを避けた。

 一応、朝日新聞デジタルですが、これは私が聞いた通りでしたね(笑)。消費税については絶対に言質を取られへんような言い方をしてたな。さあ、どうするんや?安倍ちゃん。

 思うに、CHINA、韓国からの入国制限のことではやっとこさ、二階くんを押さえ込んだんやと思いました。それは単純やけどやっぱり、「国民の声」が二階さんに対して、「もうええ加減にせえや」というものになっていったからとちゃうか?果たして「消費税減税」が、それと同じくらい国民の声になってるんやろかというと、ちょっと不安やな。

 ちなみに「消費税ゼロに30兆円の補正予算」を提言した自民党の議員連盟というのは「日本の未来を考える勉強会」で、会長は安藤裕衆院議員ですね。そしてその勉強会で先生役をやってはるのが藤井聡さんですね(藤井聡氏がPB凍結による消費税・コロナ対策を主張~自民・若手勉強会)。

 実は安倍ちゃんは、二階さん、麻生さんが支持をやめたら、いつでも他に替えられる立場ですからね。外交で着実に点数を稼ぎながら、ギリギリのところで踏ん張ってるような気がします。やっとこさ二階くんの意に添わへん中韓外しができた安倍ちゃんは、次はどうやって周りからの声を高めて、麻生くんの意に反する政策をとることができるんやろか。

 「一気呵成(かせい)にこれまでにない発想で思い切った措置」を講じられることを期待しましょう。麻生くん、まさか、ポイント還元を、なんて言うたら恥かくで、これ。

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント