西村康稔大臣、今間違うたらこの先あんたは人【〇】しと言われるんやで。覚悟はできてるんか?

未分類

 今朝(5/13)かなり、がっくり来たツイートがありました。今を時めく(笑)西村康稔大臣です(西村やすとし #ステイホーム@nishy03)。

コロナ対策の #基本的対処方針等諮問委員会 委員に経済学者4名を新たに任命。#大竹文雄 氏は行動経済学が専門。強制でなく自発的に望ましい行動を選択するよう促す仕掛けや手法であるナッジ(肘を軽くつつくという意味)理論の専門家。#小林慶一郎 氏は海外のコロナへの政策対応にも精通し様々な提言。

 え?小林慶一郎さんて、緊縮財政を言うてはる人やんか。ホンマか?と思いました。そしたらさっそく藤井聡さんがしっかり発言してはりました(経済専門家会議の「人選」を通して、政府は「補償・減税はやらない」と宣言した!)。私は、この小林慶一郎さんは、めっちゃヤバいというのは理解できました。

1.小林慶一郎・東京財団政策研究所研究主幹
元 慶應義塾大学経済学部教授で、現、東京財団政策研究所研究の主幹。彼は、コロナショックに対する「経済政策についての共同提言」を東京財団にて取り纏め公表しています。
https://www.tkfd.or.jp/research/detail.php?id=3361
この提案で彼は「(コロナ後に)大きく急速な産業構造変化が起きると予想されるが、それには企業の退出(廃業、倒産)と新規参入による新陳代謝が不可欠である」と主張。つまり、このコロナ禍の機会を利用して、潰れるべき中小企業にはいっぱい潰れてもらおう、と言っているわけです(スゴイ人ですよね 苦笑)。

 その他の人はよう知らんかったんですが、藤井さんの説明ではもう、すさまじいですね。

2.竹森俊平(慶應義塾大学・経済学部教授)
政府の「経済財政諮問会議」のメンバーも務めている経済学者で、『消費税増税による悪影響はたいしたことはない、延期する必要も無かった』という主旨を発言し、消費増税を支持し続けてきています。

3.大竹文雄(大阪大学・社会経済研究所教授)
大竹氏は、下記にて「基礎年金を消費税で全額賄う」という、凄まじく極端な話を提案してもいます。

4.井深陽子(慶応大学経済学部教授)
「医療経済学」を専攻されている先生です。財政健全化のためには、医療の自己負担率を一定以上にしておかねばならない、というご主張の先生です

 うわあ、もう日本、終わったなあ、、、。という感想です。藤井さんも書いてはりますが、もう見事に全員、財政緊縮派ですね。このところ、自粛の要件とかについても「専門家会議では、、、」とか言うて、他人のせいにしている政府ですが、今回はこの、全員が緊縮財政派の言う通りにするんでしょうか。ホンマに日本は終わってしまいますね。暗澹たる気分になります。

 上で藤井さんが上げたそれぞれの学者の主張はすべて間違うてるんですが、私ら一般国民が、それをいちいち論証してるヒマなんかあらへんやんか。みんな、学者さんの言うことやから、それでええんちゃう?ということで、間違うた政策がグイグイ進められていくわけです。コワいなあ、、、、。

 西村康稔くん、今日本は、没落して三流国になるか、踏みとどまってせめて二流国に残れるかの瀬戸際なんやで。うーん、わかってへんねんやろなあ。

 国債を100兆、200兆出すだけの話なんやけどなあ。

【文中リンク先URL】
https://twitter.com/nishy03/status/1260209147322089475
https://38news.jp/economy/15864

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント