まだ「国の借金1000兆円」と平気で書く恥ずかしい新聞記者。せやからマスゴミ言われるんや。

未分類

 昨日は産経新聞を批判しましたが、ついでに(笑)今日も、もう一つ批判します。あまりにアホらしくて取り上げる気にもならへんかったんですが、きっちり言うておこうと思い直しました(笑)。10/7の大阪版の夕刊、「西論(にしろん)プラス」という特集ページ、「このまま借金を増やし続けて大丈夫なのか 大阪経済部長・藤原章裕」です。

 もうわかってる人は、これから私が言いたいことはお見通しやと思いますが(笑)、もう椅子から転げ落ちそうになりました。

 消費税率が8%から10%に引き上げられて1年がたった。この間、新型コロナウイルスの感染拡大で日本経済は大ダメージを受け、増税の消費への影響を推し量ることは難しくなった。

 と書き始めてますが、別に武漢コロナがあっても無くても今さら、増税が消費に悪影響を与えるのは当たり前の話やんか。説明するためにわざわざ政府の立場に立って、8%から10%に上げたのに、目論んだ税収には足りないことを気にしています。そして、出ましたあーー(笑)!

国の借金(国債発行残高)は1千兆円を超えており、今回の増税では焼け石に水だ。

 もうこの部分だけでも、この記事は何の価値もない、いや、読者をダマして増税に導こうという、悪質な記事やと言えますね。ちゃんと「お約束」の「増税」も言うてはります。

中長期的には、抜本的な財政再建に取り組まなければならないだろう。関西経済連合会は消費税増税前に「15%超への(税率)引き上げも視野に入れる必要がある」と求めたほどだ。

 あとついでに、この経済部長とかいう藤原記者の支離滅裂なこの記事の、意味不明な最後の部分も載せてあげましょう。

 安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」は巨額の財政出動と大胆な金融緩和で経済を支えてきたが、一部の大企業のみが潤う構図になっていなかったか-。さらなる増税を検討しなくても、地道に無駄を省けば想像を上回る規模で歳出を削減できるかもしれない。

 あー、大事な私のブログのスペースを、、こんな駄文で埋めてしもたわ(笑)。先に書いとくわ。「アベノミクス」では「巨額の財政出動」なんかしてへんで。それに、「無駄を省」いたら何で「歳出を削減」できるんや?歳出は、するかせえへんか、の話やろ?この人、どこの「経済部長」なんや?(笑)。

 で、最初に戻ってまず、「国の借金」ですね。いまだにこれを言うか?な話ですね。「国」て、誰のことやねん?それは「政府」の借金ということで、高橋洋一さんが作り始めた国の貸借対照表、バランスシートでは、「借金」の反対側には必ず資産があるわけですね。

 私の家に借金、たとえば住宅ローンが2000万円あったとしても、家(ウチはマンションww)という資産があるわけで、いざとなったら家を売ることもできるわけですね。今、「私」さんには2000万円の借金があるぞ!と誰も大騒ぎなんかしません。それは単に、死ぬまでに金利を含めて返したらええだけの話やからですね。

 そして国と家を一緒にして考えたらあかん点は、国は死なへん、ということです。私ら個人はいつか死ぬから35年ローンとかを組むけれど、国は極端な話、100年でも200年でもローンを組めるわけです(実際には組まへんけど)。そしてもっと決定的なことは、自分で(国が)貨幣を発行できるということですね。

 しかも日本の国債は円建てで発行されているので、破綻することも有り得へんわけです。実は、足らんかったら何ぼでもお金を刷ったらええやん、という話です。ただ、そういうとギャーギャー言う人が出て来ますが、お金を刷りすぎると必ずインフレ、つまりお金の価値が下がるという現象が起こるわけで、そうなったらいつでもすぐに金利を上げるなり、歳出を削減、つまり緊縮をすればええだけの話ですね。わかってるか?藤原くん。

 そういえばバブルの頃、金利が5%、6%の時代がありましたね。住宅ローンはもっと高くて、私の勤めてた会社は、3%を超える部分は補助してくれたような記憶があります。ええ時代やったなあ(笑)。

 そして大事なんは今、です。このウスノロ記者は、消費税の15%への引き上げも、と財務省に媚び媚びのことを書いていますが、まだデフレから脱却もしてへんのに何を言うてんのや?という話ですね。栄養失調で入院中の患者に、治療で肥満を心配するようなもんです。上に書いたように、「増税」を考えるのは、インフレが亢進してからでええねん。今言うこととちゃう!で。

 自分のアタマで考えんと、財務省から支給されたペーパーやら、研修資料だけを見て記事を書いてるから、こんな支離滅裂な、恥ずかしい記事になるんや。私はいろいろ事情があって産経新聞を「購読」してますが、こんな記事にもお金を出してるんか?ホンマにもったいない話や。ハラ立つ。

 あ、でも産経新聞にもええ記者はいっぱいいてはるんですよ。阿比留瑠偉さん、田村秀男さん、古森義久さん。あ、加藤達也さんはこないだ菅内閣の首相補佐官に決まったから、退職しはったんかな。ヨーロッパには三井美奈さん、めっちゃフットワークが良さそうです。今や日本屈指のチャイナウォッチャーの福島香織さんは、元産経新聞記者ですね。

 はい、ちゃんと書いときましたよ、産経新聞さん。紙の新聞はこれから大変な時代になってきてると思います。当たり前ですが、一にも二にも「コンテンツ」、記事の中身が問われることになるわけですね。まあ唯一の「保守系」ぽい新聞なんで、期待半分で書きました。

【文中リンク先URL】
https://special.sankei.com/a/economy/article/20201008/0001.html

 ↑ いまだに「国の借金1000兆円」は恥ずかしいと思う人はクリック!ww

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント