アメリカ民主党は、バイデンで勝ったとしても「お先真っ暗」なんやとか。日本は身構えなあかんな。

未分類

 トランプさんが「今までで一番重要な演説になる」と前置きして46分間の、収録された演説を12/2にフェイスブックに投稿しはりました。英語のわかる人は聞いてください(笑)。フェイスブックはご丁寧にもエラそうな注釈を付けていますね。

郵便投票と投票所での投票はどちらも米国における信頼性の高い投票方法として長い歴史を持っています。不正投票は、どちらの投票方法でも極めてまれにしかありません。
出典:超党派政策センター

 「極めてまれ」?ウソつけ、2016年でもいっぱいあったやないか、という話ですね。この注釈をクリックすると、大統領が選ばれるプロセスを教えてくれますが、つまりはまだ次期大統領は決まってへんこともわかりますね。毎日のように新しい証拠や証言が次々と出て来てますし、いくつかの州での「公聴会」も報じられています。

 ただ、ジョージア州でも大規模な不正があったことが次々に明らかになって来てるにもかかわらず、ラッフェンスパーガー州務長官とケンプ知事が、二人とも共和党でありながら、早々とバイデンの勝ちを認める発言をしていました。こういうのをRINO(ライノ:名ばかりの共和党員)と言うんやそうです。Chinaマネーに取り込まれてる可能性大、と。

 しかもこのジョージア州では年明けの1月5日に、上院議員の2議席を争っての決選投票が行われる、と。そこでこのインチキなドミニオンのシステムをまだ使うやなんて、おかしすぎるやろ、と思いますが、まさに今、綱引きの真っ最中、ということですね。

 前に「ドミニオンの「ド」もよう言わん日本のマスゴミ。あんたらも米不正選挙の加担者になるんやで。」と書きましたが、今もまだ、どこも報道してなさそうですね。そしたら何と、昨日(12/4)から今日にかけて、青山繁晴参議院議員がついにYouTubeで触れてくれてはりました。
【ぼくらの国会・第65回】ニュースの尻尾「トランプ大統領の不正追及は終わらない!ー米大統領選の行方」
【ぼくらの国会・第66回】ニュースの尻尾「米大統領選挙、不正疑惑の本質」 現職の国会議員が公開の場で「ドミニオン」のことを言うのは青山さんが初めてなんとちゃうか?と思いました。この2本で1時間ぐらいですが、ぜひ見てほしいですね。

 トランプさん寄りと思われていたバー司法長官が、どうも不正選挙の解明にはあまり乗り気でないように思わせる報道があったことは、前にも書きました。そしてそれはやっぱり、マスゴミの印象操作やったようでした。そして青山さんはさすがに、このバー司法長官に関して、もっと深くて本質的な情報を教えてくれてはります。

 バー司法長官が、つい最近、ジョン・ダーラムさんという人を「特別捜査官」に任命したんやそうです(バー氏、ロシア疑惑捜査の発端調べるダーラム氏を特別捜査官に任命)。

バー米司法長官は、連邦捜査局(FBI)が実施したロシア疑惑捜査について調べているコネティカット州の連邦検事正ジョン・ダーラム氏を特別捜査官に任命した。AP通信が1日、長官とのインタビューを基に報じた。
  バー氏はAPに対し、ダーラム氏に特別捜査官の地位を与えることで来年1月20日のバイデン政権発足後も捜査は継続されると示唆した。
  バー氏は、2016年の米大統領選への介入でトランプ陣営の関係者がロシアと共謀したかどうかの捜査で、FBIや情報当局者による犯罪やその他違法行為がなかったかどうかを調べるためダーラム氏を指名していた。

 この「ロシア疑惑」と言うのは、トランプさんが2016年に大統領になった時に、オバマがFBIを動かしてトランプさんに濡れ衣を着せようとして画策したもんやろう、と言われています。トランプさんははっきり「これはオバマゲート」やと言うてはります。(※つまりダーラムさんというのは、オバマの悪だくみを暴こうとしてる人、ということです。)

 この特別検察官と言うのは、たとえバイデンが大統領になっても変えることがでけへんのやそうです。そこで青山さんは、このダーラムさんが、今回の選挙不正を捜査することもできるはずで、たぶんそうなるやろう、ということのようです。

 本来ならバーさんに、選挙不正をさっさと暴いて投票数を数え直し、正当な選挙人を獲得して当選、となるのが第一目標やったわけですが、それが間に合わなくなったと見て、次にこれから4年はまだまだ不正を追及するぞ、と意思表示をしてるわけですね。

 深いなあ。二の次、三の次の手を、今から着々と打ってはるわけですね。さらにその捜査は選挙不正だけやのうて、選挙直前に突然出てきた息子のハンター・バイデンの疑惑もある、というわけです。アメリカ軍用機で、当時副大統領やった親父のバイデンと一緒にChinaに行って、堂々と合弁会社を作って莫大な報酬を得ていたことはもう事実ですね。

 話は戻って青山さんは「ぼくらの国会・第66回」で、ドミニオンについて政府の外交当局者(つまりは外務省?)のエライさんにきちんと質問したそうです。そしたら何と、この件は「大統領選挙の結果全体に影響を及ぼしうるので、大使館を含め、総力体制で情報収集するように命じました」という答えを貰うたんやそうです。ほほう、まあ当たり前やろうけど、動いてるわけやな。

 そしてさらに青山さんが番組内で触れてはるのが、ハンター・バイデン疑惑の一つで、Chinaと組んで投資して始めた会社がやってるのが、ウイグル全土で使われている人民監視システムなんやそうです。実はアメリカの民主党にとっては「人権」は金看板なので、この話はもうアウト!というわけです。

 アメリカ民主党としては、たとえバイデンで勝ったとしても、既にこの「疑惑」が出て来てるわけで、実はもう「お先真っ暗」になってしもてる、という話です。間違いなく民主党は大混乱、アメリカ全体もグチャグチャになってくる、せやからこそ、私ら日本人はしっかりせなあかん、ということですね。

 気持ちは何としてでもトランプさんに勝ってほしいけれど、アメリカの闇はまだまだとんでもなく深いですね。ますます日本のことがもっと心配になってきますね。

【追記(12/6)】※部分、追記しました。

【文中リンク先URL】
https://www.facebook.com/DonaldTrump/videos/376615900112093
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1252.html
https://www.youtube.com/watch?v=WFJkxuoUklg&t=186s
https://www.youtube.com/watch?v=_OscIJBXI-Q
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-12-01/QKOG0VDWLU6C01

 ↑ アメリカがどうなろうと、日本は自分で守らなあかんと思う人はクリック!ww

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント