産経新聞も気い付いて来たんか?米大統領選挙の真実。ホワイトハウスには今も誰も入られへんし。

未分類

 今日(2/4)の産経新聞の「正論」の竹内久美子さんの記事(愛国者対バイデンの米大統領選)には、ちょっとビックリしました。「あの」産経新聞が、米大統領選挙で「不正」があったようだと書いた記事を認めたんです。竹内さん、ホンマはもっとキツく書いてたのに、修正させられた、とか言う話ではないんかな(笑)。

 産経新聞ワシントン支局の黒瀬悦成支局長の米大統領選に関する記事は、それは酷いものでした。トランプさんの「勝利宣言」を「暴挙」と言うたり、「選挙不正」は「陰謀論」と言うたりで、もうCNNの引き写しそのままでした。事実を見ようとせえへん、知性のカケラもあらへん、低劣な記事ばっかりでした。

 産経新聞ではもっと年配のワシントン駐在客員特派員?の古森義久さんに期待してたんですが、この人も全くダメでしたね。「選挙不正」については絶対に言うなと、かなり上の方から指示されてんのとちゃうか?と思うくらい、奥歯に物が挟まったような書き方やったように思います。

 それに引き換え今日の竹内さんは、ズバズバ書いてはりました。

 そもそもテキサス州などを除いた多くの州でドミニオンなる“不正”投票機が使われ、一方の候補者に有利となるよう票をすり替えることができるという。
 ≪いまだに解けない疑問が≫
 また、新型コロナの流行のためとして郵便投票がかつてない規模で行われた。その票とは死者が投票しているとか、1人が何回も投票できるとか、さまざまな不正を疑わせる。
 また開票作業の際に、共和党支持者が排除されるとか、開票所の内部が見えないよう、内部から覆い隠されたという情報もある。
 私にはこうした“不正”の数々が本当に行われていたかどうか、判断するすべがない。
 しかしトランプ氏の代理人の弁護士たちが、激戦州での選挙結果の認定を阻止すべく訴訟を起こしたことは事実である。そのため多くの証拠を集めたことも事実だ。

 よう書いた!拍手!ですね。ネットでは常識ですが(笑)。議会乱入事件とSNSの言論弾圧のことも書いてはります。

 トランプ氏のツイッターはさまざまな制限を受けていたが、1月6日の連邦議会乱入事件を扇動したとして8日にはアカウントが永久停止処分となってしまった。トランプ氏は扇動などしていないし、そもそも乱入した者たちの多くは、トランプ支持者に偽装した過激派だと疑われている。

 うーむ。産経新聞はようやく現実がわかってきたんか?実は今に至るもホワイトハウスには「誰も入られへん」と、青山繁晴さんが昨日(2/3)の<【ぼくらの国会・第100回】ニュースの尻尾「バイデン新政権と日米関係の行方」>で言うてはりました。

 バイデンが就任して2週間になるのに、そんなんおかしいやんと、世界中の誰もが思い始めてるんや。ワシントンには日本のマスゴミの記者がスタッフも含めて100人、200人はおるやろうと言われています。誰も取材もせえへんのんか?という話ですね。

 明らかに今のアメリカの「新政権」はおかしい。そもそも軍事を握ってへんことはもう知られています。この2週間で、トランプさんがやってきたことに真っ向から反対するような40もの大統領令を出すやなんて、これももう狂ってますよね。さすがの産経新聞も無視でけへんようになったんか?

 さて竹内さんの記事の話に戻って、そういうフラフラなバイデン政権を見切って、「中国」はいよいよ尖閣を取りに来てると書いてはります。2/1から施行された「海警法」ですね。「中国」の「海警」は、警察と言いながら武器を持ち、尖閣に「外国」が何かを作ったらすぐに壊すぞ、と脅しています。竹内さんは

はたして尖閣はどうなるのか。日本人一人一人が自衛の心を持つ必要がこれまで以上に急務となっている。

 と締めくくってはります。そうや。あーあ、トランプさんがいてくれはったらなあ、と思う前に、自分の国は自分で守らなあかんのや、ということですね。

 ところでそうは言いながら、最新情報ではどんどん「デクラス(機密解除)」が進んでいるみたいです。昨日の「BBニュース」さん<アースアライアンスからのメッセージ + 1通目の封筒 詳細解説!ジョン・F・ケネディ・Jr と NESARA・GESARA!>では、公開の許可が出たということで、何とジョン・F・ケネディ・Jr の現在の写真が公開されました(7分30秒あたりから)。

 うーん、確かに顔の形、骨格はそのまんまやなあ。そしてこのJFK.Jrこそが、「Q」なんやそうです。まあ一斉に「陰謀論!」と言われそうですが、どうせもうすぐわかる話なので、書いておきましょう。「NESARA・GESARA」の話もようわかりません。

 同じことは今日(2/4)の石川新一郎チャンネルでも言うてはりました。外れてたらただのデマやったことになります。そしてデクラスによって出て来た情報の極め付きは「AMG-NEWS.com」の「List of Indictments, Arrests and Executions – Dismantling the Deep State Operatives and Doubles. January 29, 2021」です。

 もう5日も経つのに、まだ見れます。このリストには「Bill Gates ・・・Deceased」と書いてあります。ひえーー! もしこれがデマやったら、訴えられるはずやんか?もうワケわからんな。あと少し、尖閣のことにも目を向けながら、しっかり情報を取っていきましょう。

【文中リンク先URL】
https://special.sankei.com/f/seiron/article/20210204/0001.html
https://www.youtube.com/watch?v=HDs9aqoqijA
https://www.youtube.com/watch?v=_qNCk7zc–I
https://www.youtube.com/watch?v=hGoCvkCD2lc&t=328s
https://amg-news.com/?p=10052

 ↑ ビルゲイツがDeceasedって、えらいこっちゃと思う人はクリック!ww

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント