中共史上、最高位の高官のアメリカ亡命。持ち出した情報がパンドラの箱を開け、世界が動くんか?


 ちょっとした事件が、後から見たら大異変の前触れやった、というような話はいくらでもありますね。アメリカの保守系ニュースサイト「RedState」が報じている話を、「BonaFidr」という、「オールドメディアが伝えない海外のニュース」を伝える日本のサイトが転載してくれてはります(「米国に亡命したチャイナ政府高官は国安分副部長のドン・ジンウェイ(董经纬)」)。

 今年の2月、この董经纬さんが、娘が通う大学のあるカリフォルニアに渡航して、アメリカの国防情報局(DIA)に保護を求めたようです。この人が持ち出した情報が以下です。

・現在SARS-CoV-2として知られているウイルスの初期の病原性研究
・米国および世界へのCOVID-19の拡散と被害の予測モデル
・SARS-CoV-2の研究やその他の生物兵器の研究に、具体的にどの組織や政府が資金提供したかを示す財務記録
・チャイナに(米国の軍事機密に関する)情報を提供している米国市民の名前
・米国で働いている、または米国の大学に通っているチャイナのスパイの名前
・チャイナ政府から金銭を受け取った米国のビジネスマンや公務員の財務記録
・米国政府高官がチャイナのスパイやロシアの外国諜報機関(SVR)メンバーと(おそらくそうとは知らずに)行った面会の詳細
・チャイナ政府はどのようにしてCIAの通信システムにアクセスし、CIAと協力していた数十人のチャイナの人民が死亡することにつながったか
また、董は国防情報局(DIA)に、ハンター・バイデンのラップトップに搭載されていたハードディスクのコピーを提供している。そのハードディスクは、ハンターの卑猥画像中毒問題や、彼(およびジョー)が行っていたチャイナ企業とのビジネス取引に関して、チャイナ政府が持っている情報を示している。

 うわあ、めっちゃヤバい話ばっかりやんか。このドン・ジンウェイ(董经纬)さんが正式に亡命したということになれば、中国共産党始まって以来、最高位の亡命者になるんやそうです。この話の解説をユーチューブで柏原竜一さんがしてくれてはります(速報!中国の情報機関中国国家安全部幹部が亡命)。

 柏原竜一さんは、結局、「中国」人は全員、「金と家族の事」しか考えてへん、せやからいつかは必ず崩壊するんやろな、という意味のことを言うてはります。その通りですね。これだけの材料が揃ってたら、何でもありやとは思うけれど、何とバイデンにも都合の悪い話も入ってるところが、予断を許しませんね。

 このドン・ジンウェイ(董经纬)さんを今、保護してるのはDIAですが、私ら一般人が知ってるアメリカの情報機関と言えば、CIAかFBIぐらいでしょう。実は数え方によってはその機関数は10以上にもなり、DIAはそのうちの一つ、なわけで、上の記事の最後には「この亡命者は(DIA以外の)他の諜報機関や法執行機関を腰が抜けるほど恐れさせている」と書かれています。

 文字通り、「パンドラの箱を開けた」ようなことになってるんとちゃうやろか。そういう意味で私は最初に「大異変」の前触れになるんかな、と書きました。ファウチが、コロナは武漢から漏れたかも知れんと言い始めたのは、このことを知ったからかも知れません。今、時計の針が、ぎゅんぎゅんと元に戻って来てるような感じがします。

 「BonaFidr」の他の記事では、「FBI捜査官らが1月6日の「議事堂襲撃事件」とミシガン州知事の誘拐未遂事件の計画と実行に関与していた可能性が高い――FOXニュースのタッカー・カールソン氏がRevolver Newsの調査報道を紹介」というのもあります。この話は「張陽チャンネル」さんが解説してくれてはります(FBIなのか?【第201回】)。

 面白いのは、先日の米ロ首脳会談に際しての海外報道機関によるインタビューに対して、プーチンがこのことを知ってたことが明らかになりました。1月6日の議事堂襲撃事件のとき、議事堂の中で女性が銃撃されて亡くなったのですが、それを実行したのはFBIやんか、とプーチンさんが言うたそうです。ひえーーー。

 もういろんな事がバレ始めてますね。「悪は滅びるんや」と言いたいところですが、いやいや、油断したらあかん。アリゾナ州マリコパ郡での米大統領選再集計は、いよいよ来週あたりに報告が出て来ますが、どう見ても、大規模な不正があったと発表されることは間違いなさそうです。ドミノ倒しが始まるか?と言われています。

 そしたら深田萌絵さんは今日も元気です(米TSMC包囲網、習近平大打撃。その秘策とは!?)。車載用半導体チップが突然、品不足になって、全世界の自動車メーカーが今、大慌てになっているわけですが、どうもその犯人は「中国」とツルんで来たTSMCとちゃうんか?とだんだんバレてきてるようです。日本にもTSMCをちゃんと監視させるような方向に持って行かれるような話でした。

 軍も持たず、スパイ防止法もなく、裁判所は犯罪者に有利に動く、そんな日本のユルユルな状態は、結局アメリカという外圧でしか変えることがでけへんのやろか。情けない話ですが、それでも中華人民共和国・日本自治区になってしまうよりはマシですね。やっぱり自分の国は、自分で守らなあかんのや。

【文中リンク先URL】
https://redstate.com/jenvanlaar/2021/06/17/breaking-chinese-defector-confirmed-as-top-counterintelligence-official-n398374
https://bonafidr.com/2021/06/18/%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e3%81%ab%e4%ba%a1%e5%91%bd%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%83%8a%e6%94%bf%e5%ba%9c%e9%ab%98%e5%ae%98%e3%81%af%e5%9b%bd%e5%ae%89%e9%83%a8%e5%89%af%e9%83%a8%e9%95%b7/
https://www.youtube.com/watch?v=4CZQb-N856o&t=605s
https://bonafidr.com/2021/06/17/fbi%e6%8d%9c%e6%9f%bb%e5%ae%98%e3%82%89%e3%81%8c1%e6%9c%886%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%80%8c%e8%ad%b0%e4%ba%8b%e5%a0%82%e8%a5%b2%e6%92%83%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%83%9f%e3%82%b7%e3%82%ac/
https://www.youtube.com/watch?v=mKW1Gf95JrU
https://www.youtube.com/watch?v=_5LtJ_VYEtk


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

コメント

  1. lion より:

    国家安全部:既要抓间谍,又要抓“内奸”和“幕后金主”

    中央政法委长安剑2021-06-18 18:30小字
    2021年6月18日上午,国家安全部副部长董经纬主持召开座谈会,学习贯彻今年4月26日起施行的《反间谍安全防范工作规定》,就做好反奸防谍工作作出部署。

    座谈会指出,党中央高度重视国家安全工作,对反间谍工作作出一系列重要决策部署。作为反间谍工作主管机关,国家安全部制定出台规定,是依法防范、制止、打击危害国家安全违法犯罪活动的现实需要,有利于进一步压实反间谍安全防范责任,更好地组织动员全社会力量打好反间谍“人民战争”。

    座谈会强调,做好反奸防谍工作,既要抓间谍,又要抓“内奸”和“幕后金主”。当前,境外间谍情报机关和各种敌对势力对我渗透窃密活动明显加剧。特别是个别人员甘当“内奸”,与境外间谍情报机关和敌对势力暗中勾结,大肆从事反华活动;个别人员充当“幕后金主”,通过非法途径向敌对势力输送资金,用于支持反华活动。这些“内奸”和“幕后金主”,严重危害国家政治安全,终将被钉在历史的耻辱柱上。国家安全机关要坚持总体国家安全观,以贯彻落实规定为契机,深入开展反奸防谍各项工作,坚定不移维护国家安全。

    环球网その他のニュースも確認しましたが、党内の役職ではこの人で間違いないですが、米国で保護されているはずのこの人がなぜ、昨日の午前中にスパイ活動の防止の座談会の司会が出来るのでしょうか?一応YouTubeも拝見しましたがガセだと思います。このYouTuber自身もきちんと一次ソースにあたらずに情報発信しているようですね。「中国人は金と家族しか信じない。」というのは同感ですが、
    あまり、いい加減な情報を誰流さないで欲しいなと思います。
    いい加減な情報と言うのは害毒でしかありません。

    • ナニワの激オコおばちゃん ナニワの激オコおばちゃん より:

      lion様
      コメントをいただきありがとうございます。
      拙ブログの読者のほとんどは、「中国語」を読めないと思われます。
      わざわざ原文を転記していただいておりますが、
      これがいつ、どこの、何に載せられたものか(要は出典)、
      ご教示願えますでしょうか。
      「座談会の司会」?「主宰」でいいんじゃないですか?
      「いい加減な情報」にならないように、ぜひ、本文に示した、
      「RedState」、「BonaFidr」へもお問い合わせいただければどうでしょうか。
      あと、柏原竜一さんへも。
      何卒よろしくお願い申し上げます。

      • ナニワの激オコおばちゃん ナニワの激オコおばちゃん より:

        看中国(VISION TIMES)2021-06-19 22:21の記事です。

        董景維の亡命事件、中国と米国がヘッジ合戦を展開(写真

        ウォッチ・チャイナ 2021年6月19日】–最近、米国逃亡が噂されていた中国共産党の国家安全副部長・董景維氏が、北京時間の6月18日、共産党の公式メディアの報道に登場し、董氏がスパイ対策シンポジウムを主催したと伝えている。 しかし、この報告書には、董さんの会見の写真は掲載されていませんでした。 一方、米国のあるメディアは、「中国からの亡命者の身元は、元防諜幹部の董景維に間違いないと確認された」と、董景維の逃亡の詳細をほぼ同時に報じた。 このように、「董景維の飛行」は疑惑の羅生門となってしまった。 これは、中国とアメリカのヘッジング・ウォーのようなものだという見方がある。
        噂を払拭するために出てきた政法会中央委員会のWeChat公開番号

        中央政法委員会WeChat「長安建」の公開番号によると、董景維は18日午前にセミナーを開催し、反スパイ活動をしっかりと行うようにと述べ、「スパイを捕まえるのもさることながら、『裏切り者』を捕まえて 縁の下の力持ち」” しかし、この報道では、外部の人間には珍しいと思われる董景維の会見の写真は掲載されていない。

        中国系香港メディアのサウスチャイナ・モーニング・ポストも、どの公式メディアもセミナーの開催場所には触れていないと報じています。 写真は掲載されていません。

        また、17日に公開された米国の保守系政治ニュースブログ「RedState」は、「国防情報局(DIA)で数ヶ月間働いていた中国からの亡命者の名前や、共産党の軍部や政府での役職などがわかった」と報じています。 の詳細をご覧ください。

        “Red State “は、政府関係者の話として、この亡命者は確かに中国で防諜を担当していたドン・ジンウェイであり、今年の2月中旬にカリフォルニアの大学に通う娘を訪ねるために米国に飛んだとされることを確認したと報じた。 カリフォルニアに到着したドンは、DIAの職員に連絡を取り、自分の亡命計画と持ってきた情報を伝えた。 董はその後、2週間ほど “人目につくところ “に隠れていたが、DIAの計画通りに姿を消した。

        レッドステイトの情報筋によると、この亡命者はここ3~4週間までDIAの外では知られていなかったという。 それまでの間、DIAは提供された情報を確認し、情報源を明らかにすることなく、学んだことを主流の政府関係者に提示している。

        “Red State “の情報筋によると、2021年3月のアラスカでの米中首脳会談の際に、中国当局は米国に董を返すように要求したことがあったが、ブリンケンは正確には拒否しなかった。ブリンケンは当時、董景維が米国政府にいることを知らなかったので、中国に「米国には董景維はいない」と伝えたのだ。

        今週初めの米国メディア、ワシントン・フリー・ビーコンは、ドンが提供した情報の内容やその量、信頼性に詳しい関係者との会話によると、ドンは中国の特殊兵器システム、武漢ウイルス研究所での中国軍の活動、発生源などの詳細な情報を持っているだけでなく、米国内の中国政府の資産や情報源を「自分の中に DIAに提供された「何テラバイトものデータ」の中に、ドン氏は我が国の情報機関や政府高官に関する極めて恥ずかしい、不利な情報を持っていた。”

        また、董景維はDIAに次のような情報を提供したとされている。パンデミックの引き金となったコロナウイルスの病原体に関する中国の初期の研究、COVID-19の米国および世界への拡散と破壊を予測した中国のモデル、コロナウイルスの研究やその他の生物兵器の研究にどの正確な組織や政府が資金を提供したかを詳細に記した財務記録、中国に情報を提供した米国市民の名前、米国で働いたり米国の大学に通ったりした中国のスパイの名前、中国政府から資金提供を受けた米国のビジネスマンや政府関係者の財務記録などである。

        謎に包まれたDong Jingweiの離反

        ワシントン・フリー・ビーコン紙によると、董景維は米国防総省の高官に対し、米国の大学に通う中国人学生の少なくとも3分の1はPLAの諜報員か「千人計画」の一員であり、学生の多くは偽名で渡米しているとも語っている。 偽名を使う理由の一つは、これらの学生の多くが軍や共産党の上級幹部の子供であることです。

        “レッドステート社は、「最初にお伝えしたように、米国防総省は董景維の主張の真実性に高い信頼を寄せています」と述べています。 “この亡命者は、他の情報機関やLEO(法執行機関)に衝撃を与えた。”

        共産党国家安全部の副部長である董景維が米国から亡命したという噂が、数日前から海外のオンライン・ソーシャル・メディアで飛び交っているが、情報は混乱している。 というのも、最初にスクープした自費出版社は、董経偉が昨年6月か7月に香港に到着し、今年2月に香港から米国に向けて出発したとしているが、公式の報道を確認すると、董経偉は昨年12月にも北京で中国共産党政法委員会の郭生勲書記とテレビ会議に出席しており、当然ながら董経偉の北京への一時帰国は否定できないからだ。 また、百度の百科事典の項目から董景維が消え、中国共産党国家安全部の公式サイトでは、中国共産党国家安全部の大臣だけが写真を掲載しています。 このような状況は、ネットユーザーからは異常だと思われています。

        6月18日まで、中国共産党は、董景維が反スパイ活動のシンポジウムを主催したという報道を公式に捨てたが、写真は出ていない。

        中国とアメリカのメディアでの董景維の報道が対立していることについて、著名なコメンテーターである唐金源氏は次のようにツイートしています。「今日、中国とアメリカはヘッジ戦争を繰り広げた。アメリカのメディアは董景維の離反を認め、董が提供した多くの重い情報を公開した。

        Twitterアカウント「Chen Tang Guan」の分析:国家安全保障のトップである董景維が逃亡したことを、私はこのように見ています。

        1、ニュースは事実だが、時間差などの細かい部分だけが食い違っている。

        2、ニュースは正しくありませんが、逃げたのではなく、彼自身の事故なので、公式サイトにはいくつかの奇妙な状況が表示されます。

        3、速報は、トップの誰かが風を吹かせたり、内部抗争に巻き込まれたり、アメリカとの暗闘に巻き込まれたり、公式サイトやBaiduの情報は、国家安全保障の内部運用、意図的に。

        党員メディアの一部のネチズンは、メッセージの後に董景維「プレゼント」レポートを報告した:この偽情報戦術はあまりにも洗練されていないが、隠蔽しようとしている疑いがあります。 あるいは、アメリカに亡命した董景維を「偽りの嘘つき」と断定するための、紅王朝の国務部の「見事な」計画だったのかもしれない。 要するに、すべてが可能なのだ。もちろん、東の離反は確かに噂だが、この世界はあまりにも複雑だ。

        エディター:Xu Zhiyong

        • ナニワの激オコおばちゃん ナニワの激オコおばちゃん より:

          昨日(6/19)の大紀元時報にも出ていましたね。
          https://www.epochtimes.jp/p/2021/06/74822.html
          【以下コピペ】
          中国国安部副部長が米逃亡の噂ネットで広まる 新華社が火消し
          今月初め、米メディアは、「史上最高位の亡命者」である中国共産党(以下、中共)の幹部が米国に亡命したと報じた。ここ数日、この亡命者が中国の情報機関である国家安全部の董経緯副部長(次官級)だという噂がインターネットで広まっている。しかし、中国国営の新華社通信18日付は同氏が防諜会議を主宰したと報じ、火消しを図った。

          米シンクタンク、ハドソン研究所の元客員研究員ハン・リャンチャオ(韓連潮)博士は16日、「友人から董副部長が米国に亡命したという噂を聞いた。本当ならば、大きな爆弾だ」とツイートした。投稿では、関連する噂も紹介している。

          それによると、董氏は、武漢ウイルス研究所から中共ウイルス(新型コロナウイルス)が流出したという「決定的な証拠」を米国に提供した。これにより、バイデン政権や米メディアは、ウイルスの発生源について考えを改めたという。

          また、ツイッターアカウント「陳塘関」は董氏のプロフィール写真を投稿し、「董副部長は中共の生物兵器計画を暴露するために米国と協力している。(中略)現在、百度百科(中国版ウィキペディア)上の彼に関する情報はすべて削除されている」とツイートした。

          情報の真偽は今のところ不明だ。18日付の新華社通信によると、同日午前、国家安全部の董経緯副部長がシンポジウムを主宰し、今年4月26日に施行された「スパイ防止安全注意事項」の実施に向けて、スパイ・内通者防止策を検討したという。同報道は噂を意識したものとみられる。

          ウィキペディアによると、董氏は1963年中国河北省趙県生まれ。2006年2月から17年3月まで河北省国家安全部の部長を務めた。中国国家安全部政治局の局長を経て、2018年4月に同部の副部長に就任した。

          「亡命者が中国の生物兵器計画に精通」

          米FOXニュースのキャスター、タッカー・カールソン(Tucker Carlson)氏は4日、自身のブログ「Team Tucker Carlson」に「米国で保護されている中国の亡命者、その影響は甚大かも」と題した記事を掲載した。

          カールソン氏は記事の中で、保守系ブログサイト「RedState」の情報筋を引用し、「史上最高位」とされる中国からの亡命者が、数カ月前からアメリカ国防情報局(DIA)で働いていたと報じた。亡命者の身元は明らかにしていなかった。

          また、DIAの保護下にあるこの亡命者は、生物兵器計画を含む中国の特殊兵器プログラムに精通している。DIAの首脳部は、米国連邦捜査局(FBI)や中央情報局(CIA)などの米政府機関が中共スパイを匿っていると考え、亡命者との接触を拒んだという。

          1985年に米国に亡命した兪強生・元中国国家安全部北米情報部主任が、これまでの中国からの亡命者中、最高位の人物とされている。

          (翻訳編集・王君宜)
          【以上コピペ】

  2. つそうこんぷりけいてっど、、、。

    ここすごいね。
    いじけてないで反応しましょう。

    ま、今コメントでベットするのは、丁半博打。

    ひょえー、、、mm

  3. Wako0755 より:

    国家安全部副部長のドン.ジンウエイの亡命はコロナ、米中戦の潮目に甚大な影響をもたらしそうです。
    五毛党などを使い、中共は打ち消しに必死ですが、ファウチが中国起源説を認め出したり、米国人がファウチの言ってきたことを信用せず、多くの州でマスクをしなくなった事などからもこの亡命説には信憑性が有ります。
    コロナの起源から、中共のコロナを使った起死回生の戦略の全てが明らかにされます。
    又、中国人の米国で暗躍する工作員、米国人の政治家、役人、起業家、マスコミ、FBI、CIA等の諜報部員の中のスパイまで明らかにされる可能性があります。
    ドン副部長はFBI、CIAは中国の影響下にあると考え、出頭したのが国防総省の諜報機関だと言われています。
    米中の独善的グローバリスト達は白を黒、赤を青と自陣に着かぬ者を嘘吐き、陰謀論者と決め付け、自らはオーエル著の監視世界1984のディストピアのビッグブラザーを目指してきました。
    生物兵器やワクチンで世界の人口を減らそうと企むような連中を生かしていては人間の子々孫々の明日は有りません!