きょうの「都構想反対」看板。ええ天気やったのに、ウソを平気でつく維新に、心の中は土砂降りや!

未分類

※解像度の低い画像ですみません。

都構想反対看板1024

 10月22日の夕刻に「都構想反対」看板を掲出して、今日(10/24)で3日目になりますね。昨日の現地からの報告によると、どうも女子中学生が足を止めて見ていたみたい、とのことです(笑)。あはは、きっと「おばちゃん」キャラクターが受けているのではないか、という分析です。

 女子中学生が家に帰って、「こんな看板出てたで」「このイラストかわいかったで」「都構想て、反対せなあかんのとちゃうん?」みたいな会話が、彼女たちのお父ちゃんやお母ちゃんと交わされると面白いなあ、と思います。「看板、頑張れーー、あと8日やでーー」と言うときましょう(笑)。

 実は先日、仕事の打ち合わせで、たまたま話が「都構想」になったときに相手の人たちが普通に「あ、大阪市がなくなるんですか」「住所からも市が消えるということですか」「へえーー」みたいな話をしてはりました。

 政治の話はほとんどすることがない仕事やとは言え、愕然としました。もうひたすら、「都構想=大阪市廃止」「大阪市がなくなる」をしっかり言い続けるのが一番ええんかな、とも思いますね。

 逆に維新は「住民サービスは上がります」「経済効果は1兆1千億円」という明らかなウソを堂々と言い始めたのでもう、イヤーな気分になりますね。卑怯とか、ズルいとか、そういう言葉ではとても非難しきれへん、人間の根源的なところで、とてつもない不信感が湧いてきますね。

 ウソを言うてもええから通したったらええねん、という維新の乱暴極まりないやり方は、どんなに言い訳しようが、根本的に、私らの人間社会に通用するもんやあらへんと思いますね。日ごろ私らがさんざん批判し続けている、「あちら側」の人たちと全くいっしょ、ですね。残念ながら、とても日本人とは思えません。

 絶対に負けるわけにはいかへんと思いつつ、もしもインチキ「都構想」が通ってしもたらと考えると、心の中に何やら重ーい鉛がぶち込まれたような気分になってしまいます。悪いことは考えたくないけれど、それでも私らは生きて行かなあかんから、そうなった時はまた、次の戦い方を考えるしかありませんね。

 ウソついて、ダマしてでもやってしもたらええねん、というのは実は「中国」がやってる「超限戦」やと捉えんとあかんのかも知れませんね。要は「何でもあり」の戦争なわけで、さっき私が言うた「とても日本人とは思えません」などという大人ぶった感想なんか言うてる場合やないで、ということなんかも知れません。

 実は昨日、先々週にフジテレビ系で放送された「鬼滅の刃」を録画してたんで、観たんです。主人公が、敵を今ここでコテンパンに叩きのめせるという時に、ちょっとかわいそう、と思うて躊躇してしまった場面がありました、と。後になってそのことを、仲間から徹底的に追及される、という話でした。まあこれはアニメでしょうが、まさにそういうことなんでしょうか。

 せめて同じ日本人やったら、そういうことはやめようや、と言いたい気分です。今日のお天気とは全く裏腹な、暗ーい、土砂降りの気分です。あきらめたらあかんな。あと8日間、頑張るでーー。

  ↑ ウソついてもええからやってしまえという維新の超限戦には負けへんでと思う人はクリック!ww

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント