ちょっと流行りやすいカゼや、武漢コロナ。経済を止める話やあらへん。アホなマスゴミが最も有害。

未分類

 今日(2/7)のビックリ情報は、私が有料で見ているダイレクト出版の、藤井厳喜さんの「ワールド・フォーキャスト」からです。何と米大統領選挙に関して発言してはる藤井さんに対して、脅迫電話がかかってきてるんやそうです。ルディ・ジュリアーニさんと同じように、お前もドミニオン社から何百億円という訴訟を起こさせるぞ、とかいうものやそうです。実際にスラップ訴訟も起こされているようです。

 ホンマに卑劣な話ですね。こんなことに負けるわけにはいきませんが、一般の人が巻き込まれるとめっちゃめんどくさい話になってしまいます。もっともっと事実を広めて太刀打ちしていかなあきませんね。正義が必ず勝つとは限らんけど、諦めたらそこで終わってしまいますからね。

 それにしてもアメリカはこの先、どないなってしまうんか、ホンマにコワい話です。ナンチャッテ大統領のバイデン政権がやろうとしてることは、「オバマ2.0」とも言われていますね。「劣化版オバマ政権」とも。早いうちにトランプさんの再登場を願うばかりです。

 さもないと、最近毎日のように私が言うてる「人間牧場」が、ホンマに完成してしまいます。もうハッキリ言いますが、今大騒ぎの「武漢コロナ」は、世界を股にかけた壮大な詐欺やとホンマに思てます。PCR検査は、武漢コロナウイルスを検出するものではない、ということは一番最初に言われていましたが、結局その議論は今は、誰もせんようになっていますからね。

 私が入れて貰うてるメーリングリストからの情報で、「松田政策研究所チャンネル」さんがめっちゃわかりやすい話を上げてくれてはりました<特番 シリーズ新型コロナ対策を抜本転換せよ!『決定版、井上正康先生に訊く!わかってきた新型コロナの真実 その3 そもそもどんな病なのかを解き明かす』ゲスト:大阪市立大学名誉教授 井上正康氏>。

 30分ちょっとなので、ぜひ観てみましょう。もちろん、武漢コロナを軽く見たらあかんけど、そもそも「2類」に分類するものではないことを最初に言うてはります。毎年インフルエンザで1万人以上死者が出てることと比べたら、大したことはない、と私がいつも言うてることと合致します(笑)。

 いわゆる「カゼ」の本質が、今回の騒ぎのおかげで、だんだんわかってきたみたいです。「肺炎」と言われているが、実態は「血栓」やということなんやそうです。いずれにしても、「緊急事態宣言」をして人の流れを制限しても意味はない、ということです。もちろん、手洗い、うがいは重要、さらに鼻洗浄と、トイレの消毒、洗浄も重要、とのことです。

 そしてどうも一番のウイルスはメディアやろう、とも言うてはります。人間は恐怖心で行動を決める動物なので、この恐怖を煽るだけのメディアは、まったく有害、というわけですね。それと、そんなインチキメディアに乗っかるタコツボ化したインチキ「専門家」です(あ、井上教授はインチキとは言うてはりませんが笑)。

 とは言え多くの日本人は、緊急事態と言うても出掛けてる人もいますし、直感的に、本能的に大丈夫やろう、と思うてる人も確かにいる、そちらの感覚の方が正しい、という話でした。うーん、恐怖心に駆られた人の扱いは難しいですね。マスク警察とか。

 マスゴミのゴミさ加減は、もう今さらですが、こういうまともな話はちゃんと広めていくことにしましょう。

 さらに私としては、やらんでもええ自粛やらで、とんでもない損害を蒙った全ての日本人を救うために、国民一人一律100万円を配ってほしいですね。ポッカリ穴の開いてしもた日本経済の、その穴をスッポリ埋めることができるのは、世界中でも日本(とアメリカ?)ぐらいなもんやで。

 これも説明が長うなりますからしませんが、簡単にできることがまっっっったくでけへん日本の政治って、ホンマに残念ですね。諦めたら終わりや。なんぼでも声を上げることにしましょう。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=kypR8PT983w

 ↑ 武漢コロナはちょっと流行りやすいカゼやと思う人はクリック!ww

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント