次こそは高市早苗さんを総理大臣にするために、自民党に入ります。中から変えて行かなあかん。


 高市早苗総裁の誕生は成りませんでしたね。残念。意外やったことが二つほどあります。一つは、議員票が2位になったこと、党員票が3位やったことですね。高市さんはめっちゃ頑張って、議員票をしっかりと積んで来はったんや。ところが党員に対しては、まるでテレビ、新聞の誘導通りの結果しか出されへんかったということですね。

 ざっくり言うと、
 河野:岸田:高市:野田
5割弱:3割:2割:1割弱。

 テレビや新聞でさんざん言われて来た通りになってる、と。ネットでは高市さんの人気が圧倒的でも、これが現実やということですね。あと、河野太郎くんのマイナス情報が多く出て来たのは、選挙戦の後半以降やったので、自民党員は早々と投票した後やった、ということもあるんでしょうか。

 まあ何の独自情報、ウラ情報も持ってへん私らがここでどうこう言うても所詮、推測にすぎませんから、このくらいにしといて結局、110万人の自民党員といえども、多くの人がテレビ、新聞に誘導されるがままなんやということがようわかりました。

 さて、岸田くんでどうやってこの後の衆議院選挙を乗り切って行くんか、甚だ心もとないですね。ネットでは大人気の高市さんを、目いっぱい使うて、やっぱり自民党でないとあかんかな、と思わせんとあきませんね。でないと、いつまでも公明党やら維新にやられてしまいます。

 そういえば私自身、「覚醒」するまでは政治に興味もなく、反権力、反自民が何となく賢そうに見えてた時代が長かったんで、自民党には入れたことがなかったんです。ところがあの悪夢の民主党政権ができる直前になってようやく「こいつらおかしい」と気付いたんです。

 どう考えてもこいつらの言うことはあまりに素人っぽいし、こんなんに任せたら日本が危ない、と思うて、自分が選挙権を持って以来初めて、自民党に入れたんです。その時の結果は散々で、悪夢の民主党政権になってしもたわけですが。

 さすがに旧民主党があまりにもアホやったおかげで、3年半ほどで政権は戻りましたし、今回の衆議院選挙でもさすがに政権交代にまでは行かへんと思いますが、それではあかんのですよね。憲法改正が結党以来の党是やという、本来の自民党に戻して行かなあかんわけです。

 そもそも自民党の中にこれだけの親中、親韓派がおることが、今回ようわかりました。「自民党がー」「野党がー」と言うてる場合やないんです。自民党の中から変えて行かなあかんのや。あ、青山繁晴さんの言うてはることといっしょですね。そ・こ・で。

 決心しましたよ。高市早苗さんを通じて、自民党員になるんや。まさか、昔は嫌いやった自民党員に自分がなるなんて、とんでもないことやとも思えましたが、年会費たったの4000円(笑)。どうせスパイ党員みたいなんもいっぱいおるやろうし、いろいろとユルユルなんは、容易に想像できます。

 そういえば何年か前に「日本会議」の会員にもなりました。せやけどこれはユルユルでした(笑)。年会費以外は何の義務もありません。日本全国各地でしょっちゅう「憲法改正○○集会」みたいなんを実施してはりますが、出席の義務もありません。

 たぶん、こういう大らかな感じが、昔ながらの自民党なんかも知れませんね。知らんけど。それよりも、次こそ高市早苗さんを総理大臣にするために、自民党に入るんやという方がはっきりしててええと思いました。

 逆に言うと、これまでは、自分が党員になってまで総理大臣になってほしいという人が現われへんかった、ということですね。高市早苗さんならきっとやってくれる、今回は真剣にそう思いました。今さら組織としての自民党はどうでもええねん。どうやったら高市さんを総理にできるか、という話なんや。

 今の自民党員は、「パチ倒」さんによると、義理やお付き合いで入っている経営者とかが多いそうです。テレビ、新聞しか見やへん人たちですね。高市さんを総理大臣にしたい人が半分以上になったらええんやんか。高市さんの総裁選直後のツイートを貼っておきましょう。さあ、これからやで、高市さん。頑張れーー!!

 高市早苗さんを通じて自民党員になるには、高市早苗事務所のサイトの「お問合せ」に、「入党希望」と書いて申し込むと、書類が送られて来るそうです。あは、ちょっとアナログやな(笑)。もうさっさと送ったで。何かネット情報では、入党希望が殺到してるらしい。そうや、風は私らの手で起こすんや!

 念のためにチェックしてたら何と、保守人気ユーチューバーの「闇のクマさん」も党員になると言うてはりました。これは次の波が来そうやな(笑)。

#高市早苗さんを次の総理大臣に

【文中リンク先URL】
https://twitter.com/takaichi_sanae/status/1443135655349944326
https://www.sanae.gr.jp/contact.html
https://twitter.com/CYXuAxfGlfFzZCT/status/1443081574338072578


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

コメント

  1. かりにゃん より:

    オバチャン、是非自民党を内側から変えていって下さい!小坪先生が仰る通り、党員投票の現状はアメリカの郵便投票より危険です!3年後の総裁選までに手を打たないと、取り返しがつかなくなります!!

  2. mibu より:

    次はありません。
    出来レース、小坪も協力者。
    自民党員と言っても公認許可をもらうための名簿人員、実態はわからない。
    党員が決めるってのは本来の民主主義じゃありません。
    日本の選挙制度、最初のうちはしっかりしていました。
    それを壊したのが公職選挙法。
    些末な禁止事項の列挙で、役人以外には選挙がわからなくなってしまった。

    小選挙区制は党本部への権力集中、共産化の始まりです。

    改革など必要ないのに改革を断行した平成政治。
    最大の失敗が政治改革、
    政治から始まりすべてが腐ってしまいました。

    中選挙区時代は可能だった票読みも、小選挙区になると不可能になります。
    どうみても不正が行われていると分かった時点で前例が全く参考にならなくなってしまった。

    高市さんは心正しい人です。
    それに対して岸田さんはなにも約束していない。
    彼が何をやろうが我々は文句を言えない。
    言ってることと違うじゃないかと言えないのが巧妙な日本型政治のやり方。

    高市さんには言えても岸田さんには言えない。なぜって公約してないから。

    対米自立すべきだとは思いますが、日本国内の統治システム管理システムが過酷すぎて手も足も出ない状態だと思います。
    在日外国人を優遇しているのもその統治機構。

    上位ブログで信頼しているのはここと正しい歴史認識、さくらの花びら、遠藤さんくらいかな。もちろん三橋さんが一番ですけど。

    • みみこ より:

      今更なんですが、政治素人にも簡単に理解できるように、中選挙区と小選挙区の違いを教えてください。
      おバカで、ごめんなさい。

      • 八百万の神の自由 より:

         自民で一番の経済安保スペシャリスト安藤裕議員ブログが選挙制度をうまく解説してます。
        https://ando-hiroshi.jp/harmful/

      • mibu より:

        中選挙区時代の当選条件「ジバン( 地盤 )、カンバン( 看板 )、カバン( 鞄 )」
        これが悪いということで政治改革が試みられたわけです。
        結果どうなったかというと党本部への権力集中。
         小泉改革が可能になったのも党本部への権力集中。プラスしてIT化による不正選挙があるわけです。
        中選挙区時代は党議拘束などという馬鹿げたことは行われませんでした。
        政治家は党本部に逆らっても政治家でいられた。地盤がその政治家個人に属していたから。
        選挙民と密接な関係、政治家はそこで民意を知ることができた。党本部には逆らえても選挙民には逆らえないが中選挙区時代の政治家。
         平成に行われた国民を馬鹿にするような政治は昭和の時代には不可能でした。

        地盤が固まっていて新人の入り込む余地がないようなことが言われましたが、これも嘘でした。3人4人枠がある地域ならどぶ板選挙で新人が入り込む余地が十分にあった。選挙民もそれに応えたのが中選挙区時代。
         自民党とは別に自由と民主主義の政党というわけではありませんでした。雑多な価値観が存在した。そして基本には議論して決めようという姿勢がありました。
        自民党部会が実質政策決定機関だった。

        政治家は普通の職業じゃありませんから定年も必要ありません。
        能力が無ければ選挙民が排除するのが正しいやり方。
        定年制の導入は優秀な政治家、邪魔者を排除する思惑で自民党に取り入れられました。

        自分はもともとは自民党支持だったのですが小選挙区の導入でやめました。
        平成の自民党がやってることは恐ろしいことばかりです。
        それでも自民党に人材がいないわけではない。
        マスコミに取り上げられるのは最悪の政治家ばかりですが。

        • mibu より:

          (追記)
          >党本部には逆らえても選挙民には逆らえない

          需要な部分はここですね。
          我々は自分たちの代表、代理人を失ってしまった。
          平成は一方的に命令される時代です、対話も失われた。

          時代を動かしているのは三橋ブログ、林千勝さんも話しているDSの存在。
          製造業を取り上げられた日本。
          大蔵省宏池会が積極的に宣伝した国の借金。
          日本だけ負担を強いられる地球温暖化。
          全てDSの存在抜きには語れません。

    • あのなのな より:

      心苦しいのですが、、、。

      制度の問題が途中から,属人にすり替わっていませんか。

      その昔、野**、小**の利権の取り合いとか、一般には
      知らないことが、*守の実力者の方々には常識だったと
      聞きおよんでいます。崇拝者足りえず申し訳ございません。

       なにせパあ なので。

      • mibu より:

        そういうことはありません。読み返してみましたが。
        何かのバイアスが掛かった読み方をしているのではないでしょうか。
        誤字脱字だらけで重要◎、需要×といった間違いはありますが。
        間違いがあっても基本的には訂正コメントはしません。コメント欄を汚すことになるので。

  3. みみこ より:

    私は党員になるために青山繁晴議員経由で申請しました。
    地元議員は発信もなく、野党から与党になる選挙の時は目に見えた行動をしてましたが、いざ与党になったその後は何をしてるのかさえわかりません。
    そういう自民党議員経由では党員になりたくなかったので、信頼できる議員経由で党員になる決心をしました。
    随分、時間がかかってしまいましたが。

  4. 中村正作 より:

    全く同感です。
    「高市さんが総裁になったら」と思っていましたが、小坪さんのブログを読んで考えが変わりました。
    党員になってザルな投票方法に意見したいと思います。
    こちらから高市事務所に申込しました。
    感謝です。m(__)m

  5. ほんまに より:

     ほんまに残念やった。でもよう頑張った!!

     党員名簿のないハンデは大きかったな。どうしても地方党員への周知は手薄になってしまいましたね。

     私もおばちゃんと同様、こんなに総理になって欲しいと思った政治家は今までいなかったわ。
     この人やったら失われた30年で沈みかけている日本を元気に、そして日本人に自信と誇りを蘇らせてくれるに違いないと思わせてくれました。

     下手したら他国の属国になりかねない今の日本を救ってくれるような政治家、国力(経済力)を強化し、他国とまた堂々と渡り合えるような政策を掲げる政治家を望んでいる人が実は多いのではないでしょうか。

     ただ、その前に自民党自体が公明党に頼らない政党になって欲しいとは思います。
     

  6. 八百万の神の自由 より:

     早期からの高市さん支援、お疲れ様でした!
     残念でしたが、軍事安保と共に経済安保にも光が当たった事は収穫だったと思います。
     今後も、この軍事安保と共に、「無意味なPBプライマリーバランス規律破棄で積極財政」し富国と強兵を訴えて行きたいものです!

     自民で一番、経世済民、経済安保の『財政・金融・税制』を熟知してると思われる安藤裕議員が、ブログを再始動し、日々警報を発しています。
    https://ando-hiroshi.jp/
    https://youtube.com/channel/UCj7GlCaRHw0JD0kx7TGIp2w

  7. 匿名希望 より:

    ネットをほとんど見てなければ、河野=保守と映るんでしょう
    なにせ、韓国の大使にガツンと言ってるのが印象が強すぎますから

    しかも、中国人権問題へ当初唯一回答しなかったり、日本端子の問題を伝えたのは
    産経新聞のみでしたから。
    ゴリゴリの保守以外の人でネットを使ってる人でもあれほどまでに河野が保守じゃなかったと思ってる人も多かったのではないでしょうか?

    ネットを見てる人でさえいまだに政府発表が絶対だったり、一部大手メディアの情報が絶対だったりしますから。

    いろんな情報を0か100かじゃなくて見て、今回はベストな選択が高市さんで、最悪の選択が河野だったんだと思います。

  8. ひろ太郎 より:

    数年前に、「自民党員のかなりの数が、保守層ではなく、なりすまし党員だ。
    何故なら年会費4000円を払えば自民党員になれるわけで、来たる日に備えている。」という記事を見て、真偽は分りませんが、衝撃を受けた記憶があり、ずっと気になっていました。
    TV,新聞の誘導のままということもあるのでしょうが、組織的に備えていた、なりすまし党員票が蠢いたという可能性も否定出来ない気がします。
    真正保守は、そういう仕掛けにも対処しておかないと、次の世代に、日本を継いでいけません。ご提案の備えには大賛成です。

  9. mibu より:

    岸田総理
    >河野、高市、野田の各氏を人事で処遇する考え(産経)

    これが彼の本質です。
    なにをやろうかが無い。
    これまで通りって最悪なんじゃないですか?

    • 邪馬壹国 より:

      こんにちは。
      おっしゃる通りなんですが、
      最悪の河野首相誕生を阻止しただけでも良かったと思います。
      策士安部の作戦勝ちなんでしょう。

      林千勝氏も言っておられますが、
      日本国には縦串と横串ががっつりと刺さっているので、
      先ずは横串(親中派)を引き抜く事を目標に、匍匐前進するしかないのでしょう。
      そのためにも選挙制度の改革は必須だと、私も思います。
      私も今回の総裁選が切っ掛けですが、自民党員になる事を決意しました。

      • mibu より:

        日本端子の話は最初から分かっていたんでしょうね。新聞メディアの煽りは出来レースを盛り上げる脚色のような気がします。
        それよりも発覚した河野太郎と役人との政策論議。役人の意見を封殺して明らかな利益誘導へ結論を導いています。
        ふわっとした森友問題と違ってもろに利益誘導です。
        これを追求しない野党マスメディアは腐ってますし、たぶんですが検察特捜部も腐っています。
        マスメディア司法がGHQ配下をやめたことはありませんし、日本人は社会に出る段階で彼らの正義感に同意する踏み絵を踏まされます。
         世界の支配者は本当に優秀です、日本支配は文句のつけようがなく完璧。
        検察特捜部の最初の仕事は将来の総理、佐藤栄作と福田赳夫を屈服させること。
        マスメディアは巨悪とレッテル貼りをしますが、日本の政治家の愛国を許さないためにある組織が検察特捜部です。野党マスコミ言論人は検察特捜部が大好き、正義の味方と思っている。
        そんな彼らが河野太郎を取り調べるなんてありえないでしょう。

  10. さんさん より:

    第281回 緊急生配信!岸田はどうなんだ?自民党総裁選結果について
    https://www.youtube.com/watch?v=qyXWc7qU3Xc&t=525s

  11. あき より:

    馬鹿みたい、唯の出来レースなのに次はとか? 小坪さんが~もういいよ、中から変えるwwww何時まで言ってんだ?阿呆か。
    大体、青山繁晴の様な嘘吐き爺を、何時までも、青山さんが~~~とか言って時点でアウトでしょう。  何か一つでも功績とか公約約束とか守って実行した事あんの?!青山議員は? そして今度は衆議院とか?!本当に面の皮ばかり厚くて呆れるし、こいつ持上げてる時点で擬似保守決定です。 うんざり。

    岸田は新自由主義?だっけから方針転換だの、以前の所得倍増計画を見習って増やす~みたいな事言ってたけどもう覚えても居ないんでしょうね~覚えてるのは消費増税・増税する事だけか。 擬似保守はどうせ突っ込まないんでしょ。  この自民総裁選挙時に各党が色々ギャーギャー何か言ってたが、国民受けしそうな案は、殆ど全部、日本第一党から引っ張ってきたのばかりで呆れた。  と言う事は、日本第一党に政権担当能力があり、しかも、それが日本国・日本人の為の政策だって事なんです。

    • ナニワの激オコおばちゃん ナニワの激オコおばちゃん より:

      あき さんへ
      >阿呆か。
      ・・・・レッドラインを越えましたね。

      私は人間としての桜井誠さんはけっこう好きですが、
      あなたのような支持者が出て来ると、みんな引いてしまいますよ。
      今後も変わらないようであれば、ご投稿を削除させていただきます。

      • キラーT細胞 より:

         全く此のあきさんと云ふ人は、矢鱈ギャーギャー喚きながら噛み附きまくるので、私は内心「右の蓮舫」と呼んでゐましたよw
         過去スレにも書きましたが、日本第一黨の櫻井黨首は情熱と行動力があるのは認めますけれども、未だ行政經驗が無く、政治家としての能力は未知數です。豬突猛進だけで政治は出來ません。妥協も必要ですし、目的達成の爲に政敵の力を借りなければならない時だつてあります。官僚も上手に使ひこなせなければなりません。さう云ふ事があの人に出來るのでせうか。海千山千の老獪な外國首腦と渡り合へる人物の樣にも見えませんけどね。
         政權擔當能力のある眞の保守政黨が存在しないのは我國の不幸です。其の誕生を鶴首して待つてゐるのですが、我國の現状では所詮叶はぬ望みかも知れません。殘念な事です。

  12. コブシ より:

    おばちゃん、頑張りましたね、お疲れ様でした。
    先ずは河野太郎では無かった、と言うことだけでも万歳です。
    次に繋げましょう。

    私も同意見、あきさんという方の存在で瀬戸さん等の党員までも応援しようと思わなくなります。
    どちらにしても第一党が政権を取ることは先ず無いですが。

    サッサと削除お願いします。

  13. ふみお より:

    自分の中にコアがないから、浮ついた「理念」を語る  甘ちゃんだな…. 

    岸田新総裁の会見要旨「丁寧で寛容な政治進める」
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA292OG0Z20C21A9000000/