終戦直前、日本は原爆実験に成功してたんやけど、昭和天皇は開発には反対されてたそうです

未分類

 GHQが戦後日本人に、いろんなことを隠してきたことは、今ではもう常識になっていますね。私は焚書というのは秦の始皇帝の時代の話で、そんな野蛮なことが20世紀の、しかもれっきとした文明国である日本で行われていたことは、「覚醒」してから知りました。いやあ、日本人、舐められたもんですね。GHQが「焚書」つまり発行禁止にした本は、西尾幹二さんがライフワークとしてその復刻に取り組んではりますね。

 戦後70年以上も経つのにまだ知られてへん本がいっぱいあることは、つまりはその「焚書」によって、現在でも利益を得ている左翼のインチキ学者がまだまだ日本の中にはいっぱいおるということですね。情けない日本人。まだまだ頑張らなあかんな。そして今日、日本人がもっと知っておくべき話がまだまだあることを知りました。

 伊勢雅臣さんの書いてはるメールマガジン「国際派日本人養成講座」の今日の記事「No.1136 終戦直前、日本は原爆実験に成功していた」です。この話は知ってはいましたが、まとまった形で読んだのはこれが初めてです。知る人ぞ知る、な話なんでしょうが、私は二重の意味でこの話はこれまで、日本人は触れたくなかったんやろなと思います。

 一つは、ただひたすら日本をおとしめ、けなしたいおパヨクからしたら、戦前の日本に核兵器なんかを開発する最先端技術なんかあったはずはない、と思い込んでいるということでしょう。それはデマや、で済まされてきたと思います。そして考えられるもう一つの要因は、サヨクでなくても、戦後の一般の日本人は洗脳されてしまっていますから、日本は戦争で近隣諸国に迷惑をかけたという、刷り込まれた「罪の意識」でしょうか。

 内容は読んでもらえればわかりますが、今日に記事の書き出しです。 <第二次大戦終了直後に、米国の情報機関に衝撃的な情報がもたらされた。1945(昭和20)年8月12日、すなわち日本が降伏するわずか3日前に、朝鮮北部の興南(半島の付け根の日本海側)で原子爆弾の爆発実験に成功していた、というのである。>

 ひええー、ですね。米政府の機密文書の検証からわかったんやそうです。その内容はロバート・ウィルコックス『成功していた日本の原爆実験』という本に書かれ、それを一般読者向けのダイジェスト版として『世界が隠蔽した日本の核実験』という本になっているそうです。ググったら何と勉誠出版から、『世界が隠蔽した日本の核実験成功 核保有こそ安価で確実な抑止力』矢野義昭 著で10月に出版されてました。

 WGIPで洗脳された日本人にとっては、たとえ戦争当時は日本国内やったとしても、朝鮮半島で地上で核実験をやってたと知られたら、えらいこっちゃ、ですね。逆にアメリカ人にとっては、原爆はアメリカが世界で初めて作ったんや、と言いたいところでしょう。

 上の記事を是非読んでください。そんなアホな、と思てても、傍証もいっぱいあります。 <実は、米国のある科学史専門家は、1940年当時の日本の核物理学者たちの研究は「米側と並んで走っていた」と評価している。それを裏付ける明白な史実がある。敗戦のわずか4年後に理論物理学者の湯川秀樹・京都帝国大学教授が日本人として最初のノーベル賞を受賞した事だ。湯川教授も原爆開発に参加していた。>

 戦前の日本の原爆開発は、例によってと言いますか、陸軍と海軍が別々に行っていた、と。陸軍はアインシュタインに学んだ仁科芳雄氏をリーダーとして、仁科の文字を取って「二計画」と言い、海軍は「F計画」と言う名で別々に開発を極秘に行っていた、ということです。ちなみに仁科氏は、昭和10(1935)年に日本で最初のサイクロトロン(核粒子加速装置)を開発しています、と。そして昭和40(1965)年にノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎さんも、仁科さんの門下生やったそうです。

 <仁科は真珠湾攻撃の報に接して「この国にとり、米国に対して戦争に突入することほど愚かなことはない」と言っていたが、「すでに戦争に入ったのだから、どうしようもない。・・・いかなる場合においても、我々は祖国のために全力を尽くすべきだ」と語っている。> 良心的な科学者の苦悩がうかがわれますね。

 そして空襲で日本本土が危険になってしまって「二計画」が頓挫した後は、海軍の「F計画」が朝鮮半島北部の興南で続けられたんやそうです。そして、実験の記録がしっかりと残っていて、その核実験の爆発の記述は、その後アメリカが公開したビキニ環礁での原爆実験の様相とそっくりやったそうです。

 ここまでの話だけやったら、そうか、日本がもうちょっと早く開発できてたら、戦争はどうなってたかわからんのになあ、などと、浅薄な私らは残念な気持ちになりますね。ところがここでびっくりするのが、昭和天皇の関わりです。

 <終戦のほぼ一年前、昭和19(1944)年夏、陸軍の「ニ計画」を統括する杉山元・参謀総長が東條英機総理大臣とともに昭和天皇に拝謁した。> ここで天皇陛下に、日本もようやく原爆の研究が進んで、もうすぐ完成しますので、それをハワイに投下したら、戦局は一気に挽回できます、という話をしはったんやそうです。

 二人は陛下がお喜びになると思てたら何と、そんなことをしたら、いずれ原爆の開発競争になって、全人類を滅亡させることになる、それでは人類絶滅の悪の宗家に日本がなるではないか、とおっしゃったんやそうです。二人は恐懼し引き下がったけれど、杉山元帥はこっそり開発を続けていたところ、ある日実験のミスで事故が起きてバレてしまい、陛下から叱責された、と。元帥は終戦後、自決されたんやそうです。

 そしてついに冒頭で書いたように、8月12日に実験には成功したけれど、3日後には終戦の詔書が発せられたと。その中には、戦争を終わらせる決断をした理由の中に「終(つい)ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス 延(ひい)テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ」という文言がありましたと。

 <アメリカだけが原爆を持っているとしたら、これ以上戦うことによって、「我が民族の滅亡をきたす」のは分かるが、それがなぜ「人類の文明をも破滅させる」事になるのか。日本も原爆を持っていた事を知って、はじめてその意味が明らかになる。>

 戦後ずっと昭和天皇はこのことは誰にも明かされることはなかったのでしょうが、人類史にとっても、陛下は正しいご判断をされていた、ということですね。ため息が出ますね。絶対に使うことが許されへん核兵器。私ら日本人は、この邪悪がはびこるこの世界で、いったい、どないしたらええんでしょうか。

 ネットでは、レーザー兵器やらレールガンやら、EMP(電磁パルス)攻撃やら、コワい話がいっぱい溢れています。人類が生き残るためにも、日本人、しっかりせなあかん!

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント