ユスる相手を間違えた?フジ住宅を訴えた人たち。こんな超優良企業とは知らんかったんやろ。

未分類

 ご縁があって、私がずっと追いかけさせて貰うてるフジ住宅裁判が今週、一つのヤマ場を迎えます。10月31日の裁判に、被告であるフジ住宅の今井光郎会長が出廷し、本人尋問に臨みはるんやそうです。この裁判については何べんも書かせて貰うてますが、初めて知る人のために簡単に書いておきます。

 この裁判は、超優良企業のフジ住宅に勤める在日韓国人の女性パート社員が、社長(現会長)の今井さんを訴えた裁判です。当時も今も社員教育の一環として、今井会長は社員に対して定期的に本や資料を無償で配布してはります。その中に、韓国や「中国」を批判する内容を含むものがあり、そのことで原告の女性は精神的苦痛を被った、というわけです。会社は「職場環境配慮義務」に違反したから、損害賠償と弁護士費用の合計3300万円を支払え、という内容です。

 フジ住宅が「超優良企業」とは、別におべんちゃらで書いたんやなくて、ホームページを見てもろたらわかりますが、たとえば不動産業界で唯一選定される「健康経営銘柄2019」に、2年連続3度目の選定をされた、とか、不動産業界では唯一社となる「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」を受賞した、とかの受賞歴がわんさかと書かれています。

 2002年からフジ住宅に勤めてはる原告の在日韓国人社員が、この問題で動き始めたのは2014年やそうですから、もう5年以上が経っています。この間もこの原告さんはずっとフジ住宅に勤めてはって、普通に給料もちゃんと貰うてはります。そして裁判はもう何回も開かれているんですが、今井会長はもちろん、フジ住宅側の社員は、裁判所で顔を合わせることのないように気を遣い、裁判の傍聴にも行かせられていません。

 今度の31日にたぶん初めて、原告と被告が裁判所で顔を合わせることになるようです。会社は5年前にまだ裁判が始まる前、原告に対して、会社のやることがそこまで気に食わんというなら、300万円お渡ししますから、お辞めになっては如何でしょうか、とまで提示したんやそうです。原告さんはそれを拒否し、その後、3300万円を要求する裁判を起こしたというわけです。

 普通に考えたら、こんな裁判を個人で起こせるわけがなく、最初からちゃんと支援団体が付いていたようです。そこが作った支援サイトもちゃんと書いておきましょう(「ヘイトハラスメント裁判を支える会」)。この中で原告さんは、「原告の訴え」として裁判に至った経緯を縷々、書いてはります。ちゃんと自分の考えも堂々と主張してはりますね。

 あれ?それやのに、訴えてるのは、「勤務するのは大変苦痛」やから3300万円払え、ということですかね?どうなってるんや?そしてさらに驚くことに、今年の5月にはこんな話がありました。フジ住宅では社員が「質問表」に質問事項を記入し、上司に提出することができるという制度があるんやそうです。その制度を利用してこの原告さんが

「ドキュメンタリー映画『主戦場』をご存知ですか?こっそりと見に行かれてはどうでしょうか」

「副部長は、上の人が言うことに疑問や矛盾を感じていないのでしょうか?そのとおりにしていたら、みんな幸せになれると本気で思っていますか?」

と書いてはったそうです。この副部長というのは原告さんの上司に当たる人ですね。

 あれま、この原告さんは、ちゃんと堂々と自分の考えを、会社の上司に対しても主張してはるやんか、そしたらもう何も問題なんかあらへんやん、という感じですね。笑えるわ、ホンマに。ほら、フジ住宅て、ええ会社やんか。もし私が前におった会社でそんなんしたら、間違いなく飛ばされてしまいますがな(笑)。

 ちなみにこの『主戦場』という映画は、慰安婦論争を映画にしたもので、これをめぐって訴訟にまでなっています。デザキさんという監督が、出演者に対してきちんと説明せず、出演者の意図とは逆の結論に導くように編集し、しかも出演者本人の許諾も取らずに完成、公開したものです(「慰安婦映画の監督を提訴 出演者、一般公開知らされず」)。

 話は戻りますが、先日、フジ住宅さんのサイトでは、<今井会長陳述書要旨『フジ住宅従業員の皆様へ』フジ住宅の全従業員に向け、訴訟について会長の今井より説明させていただきました。>というタイトルで、今度の31日の裁判に向けて既に裁判所に提出した「陳述書要旨」を、この中で公開してくれてはります。上でリンクした「原告の訴え」を読み、これを読むと、原告さんの言うてはることがいかに無理があるか、ようわかります。

 むしろ原告さんの個人の考えというよりも、後ろに付いてる組織の考えやと思いますね。私は一貫してこの裁判のことを「言いがかり裁判」と言うてます。何の問題もないところにイチャモンを付けて恫喝し、お金をせしめる、と。最初の頃は支援団体の人たちは、フジ住宅の本社の近くで街宣車?を出して騒いでたわけですからね。あーあ、とんでもない優良企業に、知らんと当たってしもたわ、と後悔させてやりましょう。

 もうやってることがチンピラヤクザとおんなじですからね。そのやり方は、既にもう80人以上もの逮捕者が出てる関西生コン事件やら、今まさに裁判闘争中の、余命さん関連で弁護士に懲戒請求した人に対する恫喝裁判やらと同じですね。恫喝に屈せず、あ、そうそう、裁判長の怪しげな「和解勧告」にも応じることなく、堂々と真正面から裁判を戦うフジ住宅さんを、私は応援しますよ!

 とはいえ、裁判所でさえもまだまだ怪しいところがあるから、勝っても負けてもこの裁判は最高裁まで行くことになりそうですね。ハラ立つけど、日本人を舐めたらあかんで。これからもしっかり見届けさせてもらいましょう。

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん

コメント